Exchange Server において、フォレスト間またはハイブリッドでの空き時間情報の参照に失敗する

: Microsoft Exchange Server 2010 の Exchange 管理コンソールにバンドルされていた従来のハイブリッド構成ウィザードのサポートは終了したため、今後は Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを使用してください。Office 365 ハイブリッド構成ウィザードは、こちらからインストールできます。詳細については、以下の資料を参照してください。

現象

Microsoft Exchange Server において、フォレスト間またはハイブリッドでの空き時間情報の参照に失敗します。ただし、同一フォレスト内でのユーザーに対する空き時間情報の参照は、正常に機能します。

この問題は、以下の製品バージョンにて発生します。
  • Microsoft Exchange Server 2016
  • Microsoft Exchange Server 2013
  • Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 2 (SP2) の更新プログラムのロールアップ 1 およびこれ以降のバージョン
  • Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 3 (SP3) の更新プログラムのロールアップ 6 およびこれ以降のバージョン
  • Microsoft Exchange Online

原因

この問題は、Exchange Web サービスでの外部 URL が対象のフォレスト内で構成されていないために発生します。

解決方法

Exchange 向けに Windows PowerShell で以下のコマンドを実行し、Exchange Web サービスでの外部 URL を対象のフォレストに対して構成します。
Set-WebServicesVirtualDirectory -identity "server_name\EWS (Default Web Site)" -ExternalURL 
https://mail.contoso.com/ews/Exchange.asmx

注: 上記コマンドの “contoso” の部分には実際のドメイン名が入ります。

追加情報

「現象」セクションに記載されている Exchange Server の各バージョンでは、Exchange Web サービス用の外部 URL を使用して対象のフォレストに接続します。Outlook Anywhere が対象のフォレスト内で有効にされていない場合、自動検出サービスでは Exchange Web サービスの外部 URL を返せないため、フォレスト間またはハイブリッドでの検索に失敗します。

Outlook Anywhere を使用して接続するようメールボックスを設定する場合は、以下のコマンドレットを実行してください。

Get-CASMailbox user |fl MapiBlockOutlookRpcHttp 
上記コマンドレットで "$False" の値が返される場合、メールボックスは Outlook Anywhere を使用して接続できるよう設定されています。

参照資料

Set-WebServicesVirtualDirectory コマンドレットの詳細については、以下の Microsoft TechNet Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:2734791 - 最終更新日: 2016/05/23 - リビジョン: 1

フィードバック