Windows Embedded CE 6.0 R3 の証明書失効リストの更新プログラムについて

概要

Windows Embedded CE 6.0 R3 の証明書失効リスト (CRL) の更新プログラムを入手できます。この更新プログラムを適用することにより、以下のサポート技術情報に記載されているセキュリティの問題が修正されます。
2524375 マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: 不正なデジタル証明書によりなりすましが行われることがある

詳細

ソフトウェア更新プログラム情報

サポートされているソフトウェア更新プログラムが、Windows Embedded CE 6.0 の月例更新プログラム (2012 年 9 月) としてマイクロソフトから提供されています。「ファイル情報」に記載されているパッケージ ファイルの名前は、製品のバージョン、リリース日付、サポート技術情報番号、プロセッサの種類で構成されています。パッケージ ファイル名の形式は次のとおりです。
Product version-yymmdd-kbnnnnnn-processor type
Wincepb60-110128-kb2492159-armv4i.msi は、ARMV4i Windows Embedded CE 6.0 Platform Builder の修正プログラムであり、サポート技術情報 2492159 に文書化されており、2011 年 1 月の月例更新プログラムに含まれています。

注: この Windows Embedded CE 6.0 の月例更新プログラムは、次の Microsoft ダウンロード センター Web サイトからダウンロードできます。

必要条件

この更新プログラムは、これまでに公開されたこの製品の更新プログラムがすべてインストールされている場合にのみ、サポートされます。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後に、プラットフォーム全体のクリーン ビルドを実行する必要があります。これを行うには、以下のいずれかの方法を使用します。
  • [ビルド] メニューの [ソリューションのクリーン] をクリックし、[ソリューションのビルド] をクリックします。
  • [ビルド] メニューの [ソリューションのリビルド] をクリックします。
このソフトウェア更新プログラムの適用後に、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、他の更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラム パッケージ (英語版) のファイル属性 (または後のファイル属性) は次表のとおりです。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
File nameFile sizeDateTimePath
Common.reg327,70425-Jul-201220:32Public\Common\Oak\Files

関連情報

ソフトウェア更新プログラムに関する用語の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
プロパティ

文書番号:2737929 - 最終更新日: 2012/10/15 - リビジョン: 1

フィードバック