Outlook 2010 で PST ファイルをネットワーク上に配置し、オフライン ファイルを使用すると想定外の動作となる事がある

適用対象: Microsoft Outlook 2010

現象


以下のシナリオを想定します。

  • サポート技術情報 297019 のシナリオで PST ファイルをネットワーク上に配置して使用する。

    297019 LAN リンクまたは WAN リンク上での個人用フォルダー (.pst) ファイルの使用の制限
  • PST ファイルが「常にオフラインで使用する」に設定され、オフライン ファイル キャッシュを使用する。

これら のシナリオにおいて Outlook で受信したメールの添付ファイルを開こうとする場合、Outlook が想定外の動作を引き起こす場合があります。
たとえば、Outlook がハング アップする場合があります。

原因


Outlook が頻繁にアクセスする PST ファイルを「常にオフラインで使用する」に設定し、オフライン ファイルの対象に含んでいる場合、カーネル側からキャッシュ ファイルを同期する動作とユーザー モード側から行う Outlook の処理が干渉するために発生します。

解決方法


サポート技術情報 297019 の "推奨事項" の "Exchange Server とローカル .ost ファイル" セクションの記載内容で運用します。

回避策


次の操作で PST ファイルをオフライン ファイルの対象外とします。
  • [当該 PST ファイルを右クリック] - [常にオフラインで使用する] のチェックをはずします。

状況


この動作は仕様です。
オフライン ファイルに PST を含める運用はサポートしておりません。

関連情報


297019 LAN リンクまたは WAN リンク上での個人用フォルダー (.pst) ファイルの使用の制限
2709155 ネットワーク経由でpst ファイルを参照している場合、ファイルサーバー上でメモリ枯渇による STOP エラーが発生する場合がある