Visual Studio 2012 または Visual Studio 2010 を起動すると SPI_GETFOREGROUNDLOCKTIMEOUT フラグを指定し取得されるシステム パラメーターの値が変化する

現象

Visual Studio 2012 または Visual Studio 2010 の起動の前後で、SystemParametersInfo 関数で SPI_GETFOREGROUNDLOCKTIMEOUT フラグを指定して取得可能なシステム パラメーターの値が変化する場合があります。

原因

Visual Studio 2012 や Visual Studio 2010 では、起動時に一時的に SPI_SETFOREGROUNDLOCKTIMEOUT フラグを指定してシステム パラメーターの値を変更する処理が行われます。

変更したパラメータの値を元に戻す処理で問題が生じる場合があり、これにより、Visual Studio 起動後の SPI_GETFOREGROUNDLOCKTIMEOUT フラグを指定して取得可能なシステム パラメーターの値が不定となる場合があります。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:2763075 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック