Windows Server 2003 または Windows 2000 ターミナル サーバー セッションをロックダウンする方法

概要

グループ ポリシーを使用して、Microsoft Windows Server 2003 ベースまたは Microsoft Windows 2000 ベースのコンピュータ上のターミナル サーバー セッションをロックダウンすることが可能です。以下の設定では、管理者アカウントでもアクセスが制限されます。既存の組織単位に対するポリシーを変更するのではなく、新しい組織単位を作成することを強くお勧めします。



: 以下のポリシーを使用しても、コンピュータのセキュリティが保証されるわけではありません。これらは、ガイドラインとしてのみ使用してください。

詳細

Active Directory ユーザーとコンピュータを使用して、新しい組織単位 (OU) を作成します。OU を右クリックして [プロパティ] をクリックし、[グループ ポリシー] タブで [新規] をクリックします。以下の設定を使用してポリシー編集します。

  • [コンピュータの構成\管理用テンプレート\システム\グループ ポリシー]


    次の設定を有効にします。

    [ユーザー グループ ポリシー ループバックの処理モード]
  • [コンピュータの構成\Windows の設定\セキュリティの設定\ローカル ポリシー\セキュリティ オプション]


    次の設定を有効にします。

    [ログオン画面に最後のユーザー名を表示しない]

    [CD-ROM へのアクセスを、ローカル ログオン ユーザーだけに制限する]

    [フロッピーへのアクセスを、ローカル ログオン ユーザーだけに制限する]
  • [コンピュータの構成\管理用テンプレート\Windows コンポーネント\Windows インストーラ]


    次の設定を有効にし、[常に] に設定します。

    [Windows インストーラを無効にする]
    : [Windows インストーラを無効にする] をデフォルトの設定にすると、管理者以外は、管理されていないアプリケーションのインストールができなくなります。[Windows インストーラを無効にする] を [常に] に設定することにより、Windows Update からのより新しい更新プログラムの一部が適用されなくなることがあります。そのため、具体的な必要性がある場合、または対処が必要な特定された脅威がある場合にのみ、[Windows インストーラを無効にする] を [常に] に設定することをお勧めします。



  • [ユーザーの構成\Windows の設定\フォルダ リダイレクト]


    次の設定を有効にします。

    Application Data

    デスクトップ


    マイ ドキュメント


    Start Menu
  • [ユーザーの構成\管理用テンプレート\Windows コンポーネント\エクスプローラ]


    次の設定を有効にします。

    [[ネットワーク ドライブの割り当て] と [ネットワーク ドライブの切断] 項目を削除する]

    [エクスプローラから [検索] ボタンを削除する]

    [エクスプローラの既定のコンテキスト メニューを無効にする]

    [エクスプローラのコンテキスト メニューの [管理] 項目を非表示にする]

    [指定したドライブを [マイ コンピュータ] 内で非表示にする] (この設定は A から D に対して有効にします)

    [[マイ コンピュータ] からドライブにアクセスできないようにする] (この設定は A から D に対して有効します)

    [[ハードウェア] タブを非表示にする]
  • [ユーザーの構成\管理用テンプレート\Windows コンポーネント\タスク スケジューラ]


    次の設定を有効にします。

    [[タスクの実行] および [タスクの終了] を使用できないようにする]

    [新しいタスクを作成できないようにする]
  • [ユーザーの構成\管理用テンプレート\タスク バーと [スタート] メニュー]


    次の設定を有効にします。

    [Windows Update へのリンクを無効にして削除する]

    [[スタート] メニューから共通プログラム グループを削除する]

    [[設定] メニューのプログラムを無効にする]

    [[スタート] メニューの [ネットワークとダイヤルアップ接続] を削除する]

    [[スタート] メニューの [検索] を削除する]

    [[スタート] メニューの [ヘルプ] を削除する]

    [[スタート] メニューの [ファイル名を指定して実行] を削除する]

    [[スタート] メニューに [ログオフ] を追加する]

    [[シャットダウン] コマンドを無効にして削除する]

    [タスク バーと [スタート] メニューの設定を変更できないようにする]
  • [ユーザーの構成\管理用テンプレート\デスクトップ]


    次の設定を有効にします。

    [デスクトップ上の [マイ ネットワーク] アイコンを非表示にする]

    [My Documents フォルダへのパスの変更を禁止する]
  • [ユーザーの構成\管理用テンプレート\コントロール パネル]


    次の設定を有効にします。

    [コントロール パネルを無効にする]
    重要 : この設定を有効にすると、Administrator アカウントに対して明示的に [拒否] が設定されている場合でも、管理者がターミナル サーバー上に MSI パッケージをインストールできなくなります。



  • [ユーザーの構成\管理用テンプレート\システム]


    次の設定を有効にします。

    [コマンド プロンプトを無効にする] ([コマンド プロンプト スクリプト処理も無効にしますか?] を [いいえ] に設定します)

    [レジストリ編集ツールを無効にする]
  • [ユーザーの構成\管理用テンプレート\システム\ログオン/ログオフ]


    次の設定を有効にします。

    [タスク マネージャを無効にする]

    [コンピュータのロックを無効にする]
Windows Server 2003 ターミナル サーバー セッションのロックダウンについては、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。

プロパティ

文書番号:278295 - 最終更新日: 2008/01/13 - リビジョン: 1

フィードバック