Windows 8 ベースのコンピューターで、"Windows システムのシャットダウンのときに電源を切らない" ポリシーが正しく動作しない

適用対象: Windows 8Windows 8 EnterpriseWindows 8 Pro

現象


Windows 8 または Windows Server 2012 で、グループ ポリシーの "Windows システムのシャットダウンのときに電源を切らない" 設定を有効にして、ExitWindowsEx 関数、或いは InitiateSystemShutdown 関数からのシャットダウン (shutdown コマンドを含む) を行います。この場合、手動での電源断を促すメッセージが画面に表示されず、黒い画面のまま処理が停止したように見えます。

原因


グループ ポリシーの "Windows システムのシャットダウンのときに電源を切らない" 設定を有効にすると、Windows 7 以前の OS ではシャットダウンの最終処理で Video BIOS の機能を用い、画面に "It is now safe to turn off your computer" というメッセージの出力を行ったうえで、ユーザーが電源を切るまで待機します。

Windows 8 ベースの OS では Video BIOS 機能を使用しない実装に変更されており、その影響でメッセージが表示されません。

回避策


Windows 8 ベースの OS では本メッセージ表示を行うことができませんが、OS のシャットダウン処理は黒い画面に遷移した時点で正常に完了しています。
このため、黒い画面になった時点で電源ボタンを押下することで、正常にシャットダウン処理を完了することができます。

状況


この動作は仕様です。