Office アドインで問題が読み取りおよびデータの公開サービスと Microsoft Dynamics AX 2009 内のテーブルとの間のサポートします。


この資料は、すべての地域の Microsoft Dynamics AX 2009 年に適用されます。

現象

いくつかの問題では、アドインの Microsoft Office のサポートの読み取りとデータの公開サービスとテーブルの間で問題が発生します。共同テストできるように、これらの問題に対する修正プログラムがまとめられています。これは、1 つの領域で、修正プログラムが別の領域で回帰が発生するを防ぐのに役立ちます。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールした場合、またはその他のテクニカル ・ サポートのご質問がある場合、パートナーにお問い合わせくださいまたは場合は、マイクロソフトから直接サポート プランに登録すると、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡して新しいサポート要求を作成します。 そのために以下のマイクロソフト ウェブサイトに移動してください。特定の電話番号の国のこれらのリンクを使用して、電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに問い合わせるもできます。これを行うには、次のマイクロソフト web サイトのいずれかを参照してください。

パートナーお客様かかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。

インストール情報

この修正プログラムをインストールする方法の詳細については、 Microsoft Dynamics AX の修正プログラムをインストールする方法を参照してください。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、 Microsoft Dynamics AX 2009 のサービス パック 1がインストールされているが必要です。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、アプリケーション オブジェクト サーバー (AOS) サービスを再起動する必要があります。

アプリケーション修正プログラムのインストールの検証

アプリケーション修正プログラムのインストールを検証するには、アプリケーション オブジェクト ツリー (AOT) で、SysHotfixManifest クラスを開きます。次に、インストールされている修正プログラムのサポート技術情報 (KB) の資料番号が含まれているメソッドの名前があることを確認します。さらに、することができますクロス チェックは、影響を受けるオブジェクト AOT で KBxxxxxxの .txt ファイルに対して、オブジェクトを表示することによって。したがって、SYP レイヤーまたは GLP のレイヤーにオブジェクトが正しく変更ことを確認の操作を行うことができます。

注: KBxxxxxx.txt は、インストールされている修正プログラムのサポート技術情報資料番号のプレース ホルダーです。
ファイル情報

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号:2796621 - 最終更新日: 2017/02/18 - リビジョン: 2

Microsoft Dynamics AX 2009

フィードバック