Windows Server 2012 VDI 環境に接続するとデスクトップ背景が表示されない

現象

Windows Server 2012 VDI 環境への接続を行うと、接続先の仮想マシンのデスクトップ背景が表示されず、デスクトップが黒い画面として表示されます。リモート デスクトップ クライアント (RDC) 8 を使用している場合は、正常にデスクトップ背景が表示されます。

原因

RDC 8 より前のバージョンでは "デスクトップの背景" が既定で無効になっているため、デスクトップの背景が削除された状態で表示されます。RDC 8 では、"デスクトップの背景" が既定で有効になっているため、デスクトップの背景が正常に表示されます。

解決方法

 

回避策

以下のいずれかの方法で、Windows Server 2012 VDI 環境の仮想マシンへの接続を行った際に、"デスクトップの背景" を表示させることができます。
1. RDC 8 のインストールする。
 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 以降は、RDC 8 が KB2592687 にて提供されているため、RDC のバージョンを 8 にアップグレードすることで "デスクトップの背景" が表示されるようになります。
 Description of the Remote Desktop Protocol 8.0 update for Windows 7 SP1 and Windows Server 2008 R2 SP1
 http://support.microsoft.com/KB/2592687

2. Set-RDVirtualDesktopCollectionConfiguration を実行する。
 本コマンドを実行すると、VDI 接続時に使用されるオプションを設定することができます。"デスクトップの背景" を表示するには以下の様なコマンドを実行してください。
Set-RDVirtualDesktopCollectionConfiguration -CollectioName <コレクション名> -CustomRdpProperty "disable wallpaper:i:0"
例: Set-RDVirtualDesktopCollectionConfiguration -CollectioName Collection1 -CustomRdpProperty "disable wallpaper:i:0"
 
プロパティ

文書番号:2798622 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック