Windows Server 2008 R2 のフェールオーバー クラスター マネージャーで、物理ディスクリソースを削除すると依存関係を持つリソースも削除される

現象

以下の条件を満たす場合、Windows Server 2008 R2 のフェールオーバー クラスター マネージャーを使用して物理ディスクリソースを削除する場合に、その依存関係が削除される旨のメッセージが表示されますが、実際には依存関係は削除されず、その物理ディスク リソースと依存関係を持つ物理ディスクリソース以外のリソースもすべて使用可能記憶域に移動します。
  • ファイル サーバー リソース マネージャーの '記憶域レポートの管理' でレポートタスクを設定しているか、または 'ファイル管理タスク' で管理タスクを設定している
  • 設定した 1 つのタスクに、複数のクラスターディスクを対象のボリュームとして指定している

たとえば、ファイルサーバー リソース マネージャーでレポート タスクに 2 つのクラスター ディスクを指定した場合、フェールオーバー クラスター マネージャーの依存関係レポートでは、次のようにボリューム シャドウコピー サービス リソースが物理ディスク リソースに対して依存関係を作成します。



この場合、'クラスター ディスク 2' を削除すると、'クラスターディスク 2' は 'ボリューム シャドウコピー サービス' が依存しているため、依存関係を削除しません。このため、依存関係で紐づけられている ‘ファイルサーバー’ や ‘ネットワーク名’ などのリソースもすべて使用可能記憶域に移動されます。

一方、'クラスターディスク 1' を削除する場合は、'クラスター ディスク 1' も 'ボリュームシャドウコピー サービス' が依存しているため、その依存関係を削除しませんが、'ファイル サーバー' と 'クラスター ディスク 1' の依存関係は削除されます。したがって、この場合 'ボリュームシャドウ コピー サービス' と 'クラスター ディスク 1' および 'クラスター ディスク 2' のみが使用可能記憶域に移動されます。

原因

Windows Server 2008 R2 では、ボリュームシャドウ コピー サービス タスク リソースは、物理ディスク リソースとの関連付けを維持するため、物理ディスク リソースを削除 (使用可能記憶域へ移動) する際にボリューム シャドウ コピー サービス タスク リソースとの依存関係を削除しません。このため、この物理ディスク リソースに依存する他のリソースの依存関係も削除されずに、依存関係のあるすべてのリソースが移動します。

解決方法

既に物理ディスク リソースを削除してしまい、物理ディスクリソース以外のリソースも使用可能記憶域に移動されてしまった場合は、以下の手順で物理ディスク リソースを元のグループに移動させた後に、回避策に記載されている手順を実施します。

1.     フェールオーバー クラスター マネージャーの記憶域から削除した物理ディスク リソースを選択して右クリックします。

2.     [その他のアクション…] – [このリソースを別のサービスまたはアプリケーションに移動] を選択します。

3.     [サービスまたはアプリケーションの選択] 画面で、元のグループ名を選択して [OK] をクリックします。

回避策

以下のいずれかの対処方法を実施します。
  • ファイル サーバー リソース マネージャーの '記憶域レポートの管理' や 'ファイル管理タスク' でタスクを設定する場合、クラスター ディスク 1 つに対して、1 つのタスクを作成します。
  • 物理ディスク リソースを削除する場合には、予め依存関係レポートなどで対象の物理ディスク リソースに依存しているリソースを確認し、複数の物理ディスク リソースに依存している場合は、削除予定のクラスター ディスクをファイル サーバー リソース マネージャーのタスクの対象から削除しておきます。

詳細

ボリューム シャドウ コピー サービス タスク リソースは、物理ディスク リソースに対してシャドウコピーを有効にした場合や、ファイル サーバー リソース マネージャーで記憶域レポートの管理から記憶域レポート タスクを作成した場合に作られます。また、その対象となる物理ディスクリソースに対して依存関係を設定します。

ボリューム シャドウコピー サービス タスク リソースは、フェールオーバー クラスター マネージャーには表示されませんが、クラスター コマンドの CLUSTER RES を実行するか、フェールオーバー クラスター マネージャーから表示可能な依存関係レポートから確認することができます。
プロパティ

文書番号:2809462 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック