Outlook 2003 から別の Windows 8 の Outlook 2013 へメール データを移行する方法

はじめに

この資料では、今まで使っていた Microsoft Office Outlook 2003 のメール データを、別の Windows 8 コンピューターで使う Microsoft Outlook 2013 に移行する (引き継ぐ) 方法について説明します。

注 1 : この資料は Outlook 2003 を今まで使っていた場合にのみ有効です。お使いだった Outlook のバージョンが 2003 であるかどうか確認するには、Outlook を起動して、表示されるロゴ画面に着目します。2003 以外のバージョンの Outlook をお使いだった場合は、関連情報に記載した別資料を参照してください。

起動時に表示される Outlook 2003 ロゴ


注 2 :
この資料の手順は、移行元・移行先どちらについても、そのコンピューターに対する管理者アカウントをもつユーザーが行う必要があります。管理者アカウントについての詳しい情報は、以下のサポート技術情報を参照してください。

Windows 7 または Windows Vista で管理者アカウントのパスワード入力を求められた! (961512)

今まで使っていたメール ソフトが Windows メールまたは Windows Live メールだった場合など、この資料の説明以外の移行シナリオについては、関連情報に記載した資料を参照してください。


概要

この資料で説明するシナリオでは、以下のメール関連データが移行されます。

  • メール …… これまでに送受信していたメール
  • アドレス帳 …… 送受信していた相手のメールアドレスなどのリスト

    注 : 「アカウント設定 …… メール アドレスや、送受信を行うための設定」は、ステップ 4 で再設定を行います。

行う作業は、合計 4 ステップあります。ステップ 1 から順番に各手順を行ってください。

  1. 今まで使用していたパソコン (移行元) で行う作業

    ステップ 1. 今まで使用していたパソコンで、Outlook 2003 のメール データ ファイルを USB メモリーに保存する

  2. これから使用する Windows 8 パソコン (移行先) で行う作業

    ステップ 2. Windows 8 パソコンで、USB メモリーからメール データをコピーする
    ステップ 3. Windows 8 パソコンで、Outlook 2013 にメール データを取り込む

  3. Outlook でメール アカウントを設定する

    ステップ 4. 「Outlook 2013 で電子メール アカウントを設定する方法 (2179235)」の手順を実行する


今まで使用していたパソコン (移行元) で行う作業

ステップ 1. 今まで使用していたパソコンで、Outlook 2003 のメール データ ファイルを USB メモリーに保存する

  1. USB メモリーを差し込む
  2. USB メモリーの中身が表示されることを確認

    注 : 中身が自動的に表示されない場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] をクリックして、USB メモリーが [マイ コンピュータ] 一覧に表示されているか確認します。表示されてない場合は、一度 USB メモリーを取り外してから再度挿入してください。

    [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] をクリック


    USB メモリーが [マイ コンピュータ] 一覧に表示されているか確認

    注 : 使用する USB メモリーによって、画面に表示される名称が図とは異なる場合があります。

  3. Outlook 2003 を起動
  4. [ファイル] をクリック
  5. [インポートとエクスポート] をクリック

    [ファイル]、[インポートとエクスポート] の順にクリック

  6. [ファイルへエクスポート] を選択し、[次へ] をクリック

    [ファイルへエクスポート] を選択し、[次へ] をクリック

  7. [個人用フォルダ ファイル (.pst) ] を選択し、[次へ] をクリック

    [個人用フォルダ ファイル (.pst) ] を選択し、[次へ] をクリック

  8. [エクスポートするフォルダ] ボックスで、最上部にあるフォルダーをクリック

    注 : このフォルダーは、通常「自分のメール アドレス名」または [個人用フォルダ] という名前を持ちます。

  9. [サブフォルダを含む] をチェック
  10. [次へ] をクリック

    最上部にあるフォルダー (この例では「個人用フォルダ」) を選択、[サブフォルダを含む] をチェックして [次へ] をクリック

  11. [参照] をクリック

    [参照] をクリック

  12. 左側のウィンドウで [デスクトップ] をクリック

    [デスクトップ] をクリック

  13. ファイル名が空欄の場合は “backup” と入力してから [OK] をクリック

    [OK] をクリック

  14. [重複した場合、エクスポートするアイテムと置き換える] を選択し、[完了] をクリック

    [重複した場合、エクスポートするアイテムと置き換える] を選択し、[完了] をクリック

  15. [パスワード]、[パスワードの確認] は空欄のままで [OK] ボタンをクリック

    [OK] をクリック

  16. デスクトップを表示し、「backup」 (backup.pst) が保存されていることを確認

    デスクトップに「backup」 (backup.pst) があることを確認

  17. Outlook を閉じる

    注 : ここで Outlook を閉じておかないと、「backup」ファイルをコピーすることができない場合があります。

  18. 手順 2. の注を参考に、USB メモリーを開く

    USB メモリーを開く

  19. デスクトップにある「backup」を USB メモリーにドラッグしてコピー

    「backup」を USB メモリーにドラッグ アンド ドロップ

    注 : 空き領域が不足しているというメッセージが表示された場合は、いったんここで作業を中止します。手順 2. の注意事項に従って USB メモリーを開き、ファイルをコンピューターのドライブに移動するか、削除して空き領域を確保するか、より大きな容量をもつ別の USB メモリーを使用する、等の方法で対処を行ってください。その後、手順 3. に戻って作業を再開してください。

  20. 「backup」という名前のファイルが保存されたことを確認

    USB メモリー内に「backup」が保存されたことを確認

  21. 次の手順で USB メモリーを取り外す
    1. タスク トレイにある [ハードウェアの安全な取り外し] アイコンをクリック

      [ハードウェアの安全な取り外し] をクリック

    2. [USB 大容量記憶デバイス装置 -ドライブを安全に取り外します] をクリック

      [USB 大容量記憶デバイス装置 -ドライブを安全に取り外します] をクリック

      注 : [USB 大容量記憶装置-ドライブ (○:) を安全に取り外します] に含まれるアルファベットは、パソコンの構成によって異なります。挿入した USB メモリーに割り当てられたものを選んでください。

      注 : デバイスが使用中で取り外せない、という内容のメッセージが表示されたら [OK] をクリックし、数分待ってから再度 a ~ b の手順を行います。

以上で、これまで使っていたパソコンでの作業が完了しました。


これから使用する Windows 8 パソコン (移行先) で行う作業

Windows 8 パソコンに移って作業を続けます。以下の説明では、マウスを使用する場合の「クリック」操作と、タブレットのタッチを使用する場合の「タップ」操作とを、一律「クリック」と表記します。

ステップ 2. Windows 8 パソコンで、USB メモリーからメール データをコピーする
  1. 保存したメール データを USB メモリーから取り込む
    1. スタート画面を表示しておく

      Windows 8 でスタート画面を表示

    2. USB メモリーを差し込む
    3. 自動的にデスクトップへ移動し USB メモリーの中身が開く

      自動的にデスクトップへ移動し USB メモリーの中身が開く

      : 自動的に開かない場合は、チャームを表示し、[検索] をクリックします。[検索] ボックスに “コンピューター” (前後の “ は不要) と入力し、表示された [コンピューター] リンクをクリックします。開いた [コンピューター] 画面内に表示されている USB ドライブ ( “USB_DISK” 等、表示名は使用する USB ドライブによって異なります) をダブル クリックして開きます。


      自動的に開かない場合は、コンピューター内に表示されている USB ドライブをダブル クリックして開く

    4. USB メモリーの 「backup」 ファイルをデスクトップへドラッグ アンド ドロップでコピー

      「backup」 ファイルを USB ドライブからデスクトップへ、ドラッグ アンド ドロップでコピー

    5. デスクトップにコピーされたことを確認

      デスクトップにコピーされたことを確認

  2. USB メモリーの取り外し

    「backup」 をデスクトップへコピーし終えた USB メモリーを Windows 8 コンピューターから取り外します。
    1. タスクトレイの ▲ をクリック
    2. [ハードウェアの安全な取り外し] アイコンをクリック

      [ハードウェアの安全な取り外し] アイコンをクリック

      : [ハードウェアの安全な取り外し] アイコンがすでに表示されている場合は ▲ をクリックする必要はありません。

    3. [Flash Disk の取り出し] をクリック

      [Flash Disk の取り出し] をクリック

      注 : 使用する USB メモリーによって、[Flash Disk の取り出し] 表記が変わる場合があります。
      注 : デバイスが現在使用中、という内容のメッセージが表示されたら [OK] をクリックし、数分待ってから再度 a ~ c の手順を行います。

    4. USB メモリーをコンピューターから取り外す
ステップ 3. Windows 8 パソコンで、Outlook 2013 にメール データを取り込む
  1. Outlook 2013 を起動

    注 : 「Outlook 2013 へようこそ」画面が表示された場合は、次の手順で画面を閉じます。この画面が表示されない場合は、そのまま 2 へ進んでください。
    1. [次へ] をクリック

      [次へ] をクリック

    2. [いいえ] を選択し [次へ] をクリック

      [いいえ] を選択し [次へ] をクリック

    3. [電子メール アカウントを設定しないで Outlook を使う] にチェックを入れ [完了] をクリック

      [電子メール アカウントを設定しないで Outlook を使う] にチェックを入れ [完了] をクリック

  2. [ファイル] タブをクリックし、[開く/エクスポート]、[インポート/エクスポート] の順にクリック

    [ファイル] タブ、[開く/エクスポート]、[インポート/エクスポート] の順にクリック

  3. [他のプログラムまたはファイルのインポート] を選択し、[次へ] をクリック

    [他のプログラムまたはファイルのインポート] を選択し、[次へ] をクリック

  4. [Outlookデータ ファイル] を選択し、[次へ] をクリック

    [Outlookデータ ファイル] を選択し、[次へ] をクリック

  5. [参照] をクリック

    [参照] をクリック

  6. 左側のウィンドウで [デスクトップ] をクリックし、「backup」をクリックして [開く] をクリック

    [デスクトップ] をクリックし、「backup」をクリックして [開く] をクリック

  7. [重複してもインポートする] を選択し、[次へ] をクリック

    [重複してもインポートする] を選択し、[次へ] をクリック

  8. [インポートするフォルダーの選択] に表示されているフォルダーをクリック

    [インポートするフォルダーの選択] に表示されているフォルダー (この例では「個人用フォルダ」) を選択

    注 : [インポートするフォルダーの選択] がツリー表示されている場合は、最も上位にあるフォルダーをクリックします。

    ツリー表示されている場合は、最上部にあるフォルダーを選択

  9. [サブフォルダーを含む] をチェック
  10. [以下のフォルダーにアイテムをインポートする] をチェック
  11. ドロップダウン ボックスから、データのインポート先となる任意のフォルダー (この例では 「Outlook データ ファイル」) を選択
  12. [完了] をクリック

    [サブフォルダーを含む] をチェックし、[以下のフォルダーにアイテムをインポートする] をチェック、任意のフォルダーを選択したら [完了] をクリック

  13. [メール] をクリックし、メッセージがインポートされたことを確認

    メールが移行されたことを確認

    注 : フォルダー ウィンドウが表示されていない場合は > をクリックして表示します。

    > をクリックしてメール フォルダーを表示


    メール フォルダーが開かれたことを確認

    注 : [受信トレイ] にメッセージが見当たらない場合、下図のように別フォルダーにインポートされている可能性があります。名前の横に右向き三角があるフォルダーを見つけ、三角マークをクリックすると中身が表示されます。

    フォルダー名の横にある三角形をクリックして中身を表示

    受信トレイが現れたことを確認

  14. [連絡先] をクリックし、インポートが行われたことを確認

    連絡先が移行されたことを確認

以上でメールと連絡先のデータが Outlook に移行されました。


Outlook でメール アカウントを設定する

ステップ 4. 「Outlook 2013 で電子メール アカウントを設定する方法 (2179235)」の手順を実行する

最後に、今までメールの送受信に使っていたメール アカウントを Outlook 2013 で設定します。

以下のサポート情報の「Outlook 2013 で電子メール アカウントを設定する方法」の手順を上から順に実行し、メールの送受信に使っていたアカウントを正しく設定してください。


Outlook 2013 または Outlook 2010 で電子メール アカウントを設定する方法 (2179235)


参考: キーボードの Shift キーを押しながら上のリンクをクリックすると、この資料の内容を表示したままリンク先の資料を表示することができるので便利です。


プロパティ

文書番号:2810180 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

Microsoft Outlook 2013, Microsoft Office Outlook 2003, Windows 8

フィードバック