システム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム 1 の説明

概要

この資料では、Microsoft システム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 1 (SP1) 用の累積的な更新 1 (CU1) で更新された機能と修正される問題について説明します。

注: 更新プログラム 2978017 では、この更新プログラムが置き換えられます。詳細については 2978017 の更新は、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
システム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム 5 の2978017の説明

詳細

修正される問題

管理者コンソール

  • 探索データ レコード (DDR) 220 文字が処理されませんよりも長い時間は、組織単位 (OU) パスが含まれる。DDM.log ファイル サイト サーバーにはには、以下のようなイベント メッセージが含まれています。

    CDiscoverySource::ValidateSchema - 配列プロパティがユーザーの OU 名を展開できないサイズを拒否するため。

    CDiscoverDataManager::ProcessDDRs - データ ソースを更新できません。
  • コンテンツの代替ソースの場所を使用するクライアントを許可するオプションは、パッケージのプロパティの [配布ポイント] タブに表示されません。

サイト システム

  • レプリケーション構成マネージャーでは、劣化とのリンクの状態を正しく報告し、し、ステータスをレポートとしてアクティブな1 分後です。
  • サイト データベースを新しいサーバーに復元した後、サイトのレプリケーションが失敗します。さらに、Rcmctrl.log ファイルには、次のエラー メッセージが含まれています。

    エラー: ハンドルされていない SQL 例外を受け取りました、情報を印刷し、それを再度スローします。これは、次のサイクルで再試行されます。
    SqlException の数: [8115]
    エラー: 例外のメッセージ: [演算のオーバーフロー エラーの式を int 型のデータに変換する ~ ~ 'spGetChangeTrackingMinValidVersion' の手順は、許可されていない NULL のステータスを返すしようとしています。ステータス 0 が返される代わりにします。]

  • システム センター構成マネージャーで 2012年では、Mac OS X 10.8 マウンテン ライオンのクライアントをサポートしていません。Mac OS X 10.8 クライアントを入手するには、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトに移動します。

デバイスの管理

  • 構成マネージャーのクライアントは、新しい ARM プロセッサが搭載されているデバイスにインストールできません。また、DmClientSetup ログ ファイルに次のエラー メッセージが記録されます。

    サポートされていないプロセッサの種類のための CAB ファイル名の取得失敗: 0

ソフトウェアの更新

  • ソフトウェア更新プログラム グループの展開のプロパティに、同じサブネット上の他のクライアントにコンテンツを共有するクライアントを許可する] オプションは無視されます。さらに、DataTransferService.log ファイルには、次のメッセージが含まれています。

    ブランチ キャッシュ オプションを使用していません。
  • ソフトウェア更新プログラムのカスタムのポートが構成されると、インターネットのみのクライアントが Windows Update サービスの URL にカスタム ポートを追加します。また、880 にカスタム ポートを設定すると、以下のようなログ エントリが DataTransferService.log ファイルに記録ことがあります。

    UpdateURLWithTransportSettings(): 古い URL - http://download.windowsupdate.com/msdownload/update.cab

    UpdateURLWithTransportSettings(): 新しい URL -update.cab

  • スケジュールの更新ウィザード] では、Windows Server 2012 の内容は表示されません。この問題に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

    2793237を修正する: [スケジュールの更新ウィザードでは、システム センター 2012年構成マネージャー Service Pack 1 に、Windows Server 2012 のコンテンツが表示されません。

クライアント

  • MicrosoftPolicyPlatformSetup.msi ファイルが正しく署名されています。
  • ソフトウェア センター内の複数の対象となるアプリケーションの選択は、予定表領域は、アラビア語 (サウジアラビア)に設定されている場合に失敗します。さらに、ソフトウェア ・ センターでは、次のエラー メッセージが表示されます。

    ソフトウェア センターをロードできません。ソフトウェア センターの必要なコンポーネントの読み込みに問題があります。 後でソフトウェア センターを起動しようとしたことができます。 問題が解決しない場合はヘルプデスクに問い合わせてすることができます。
  • Windows Server 2003 R2 の 32 ビット バージョンを実行しているコンピューターのハードウェア インベントリには、Wmiprvse.exe プロセスが突然終了する可能性があります。 さらに、障害の結果を表示すると、障害の詳細次のような。

    エラーが発生したアプリケーション wmiprvse.exe、バージョン 5.2.3790.4455、障害が発生してモジュール msvcr90.dll、バージョン 9.0.30729.6161、フォールト アドレス 0x00056b1d
  • Ia-32 EFI コンピューターの pxe ブートのサポートが追加されます。

PowerShell

  • クリア CMPxeDeploymentコマンドレットを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。

    メソッドまたは操作は実装されていません。
  • 更新 CMDistributionPoint: DeploymentTypeNameコマンドレットを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。

    キーの例外が見つかりません。
  • 新規 CMDeviceCollectionコマンドレットを実行すると、 refreshscheduleパラメーターでは、 NewByLimitNameパラメーターのセットで定義されていません。
  • LimitingCollectionNameオプションと、新規 CMDeviceCollectionコマンドレットを実行すると、コマンドレットは成功ではありません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    Type'System 'Microsoft.ConfigurationManagement.ManagementProvider.WqlQueryEngine.WqlArrayItems' 型のオブジェクトをキャストできません。Management.ManagementBaseObject' です。
  • 時、 。GetTypeメソッドは、成功した新規 CMScheduleコマンドレットによって返されるオブジェクトのメソッドを使用します。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    アダプターは、「GetType」が SMS_ST_RecurInterval インスタンス プロパティを取得できません。
  • 時、インポート CMComputerInformation CollectionNamexx:xx:xx:xx:xx:xxを"Computer01"MacAddress""を"All Systems"コンピューター名コマンドを実行、コマンドが成功しません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    警告: コレクションのすべてのシステムが存在しないか、新しいデバイスを追加するのには適していません。

更新される機能

PowerShell

ヘルプ構成マネージャーのサービス パック 1 で、この累積的な更新プログラムに含まれているコマンドレットの PowerShell が更新されるのです。PowerShell 環境でを使用して、更新ヘルプ – モジュール ConfigurationManagerマイクロソフトから最新のヘルプ情報を取得するコマンドレットです。

PowerShell モジュールには、次のコマンドレットが追加されます。
  • 追加 CMDistributionPoint
  • インポート-CMAntiMalwarePolicy
  • インポート-CMDriver
  • 新しい-CMAppVVirtualEnvironment
  • 新しい-CMMigrationJob
  • 新しい-CMPackage
  • 新しい-CMSoftwareUpdateAutoDeploymentRule
  • 新しい-CMTaskSequence
  • 新しい-CMTaskSequenceMedia
  • 新しい-CMUserDataAndProfileConfigurationItem
  • セット CMApplicationCatalogWebsitePoint
  • セット CMAppVVirtualEnvironment
  • セット CMClientPushInstallation
  • セット CMClientSetting
  • セット CMDistributionPoint
  • セット CMDriver
  • セット CMEndpointProtectionPoint
  • セット CMEnrollmentPoint
  • セット CMEnrollmentProxyPoint
  • セット CMHierarchySetting
  • セット CMManagementPointComponent
  • セット CMOperatingSystemImageUpdateSchedule
  • セット CMOutOfBandManagementComponent
  • セット CMReportingServicePoint
  • セット CMSite
  • セット CMSoftwareUpdateAutoDeploymentRule
  • セット CMSoftwareUpdatePointComponent
  • セット CMStateMigrationPoint
  • セット CMStatusSummarizer
  • セット CMSystemHealthValidatorPointComponent
  • セット CMTaskSequence
  • セット CMUserDataAndProfileConfigurationItem
  • 開始 CMDistributionPointUpgrade

システム センター 2012年構成マネージャー SP1 用の累積的な更新 1 を入手する方法

マイクロソフトではサポートされている更新します。ただし、この更新プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみこの更新プログラムを適用します。この更新プログラムは、今後さらにテストを行うことがあります。これらの問題による大きな障害が発生していない場合は、この更新プログラムを含む次の service pack のリリースを待つことを勧めします。

更新がダウンロードできる場合、ページ上部に"修正プログラムのダウンロード"セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、更新プログラムを入手するには、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートにお問い合わせください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。追加の質問およびこの特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧、または別のサービス リクエストの作成方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、この更新プログラムが利用可能な言語が表示されます。利用中の言語が表示されない場合は、更新プログラムがその言語で利用できないためです。

インストール情報

この資料で参照される PowerShell の変更が含まれている管理コンソールの更新プログラム (Adminconsole.msi) にします。管理コンソールの更新プログラムが自動的にインストールされないサイト サーバー上で累積的な更新プログラムのセットアップ ラッパー (Updatesetup.exe) を実行するとします。ラッパーは、追加のインストール パッケージと管理者コンソールを更新するために実行しなければならないプログラムを作成します。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、システム センター 2012年構成マネージャー SP1 をインストールする必要があります。

再起動に関する情報

この更新プログラムを適用した後にコンピューターを再起動する必要はありません。

注: 閉じること、構成マネージャー管理者コンソールとリモート コントロール ビューアーまたはステータス メッセージ ビューアーなどのすべての関連付けられているアプリケーションこの更新プログラムをインストールする前にすることをお勧めします。
管理コンソールの更新プログラムが適用する更新処理中に、リモート コントロール ビューアー (CmRCViewer.exe) を使用している場合、コンピューターを再起動するメッセージが表示ことがあります。
または追加することによって、更新プログラムをインストールする前に、リモート コントロール ビューアーを終了してこれを回避することができます、再起動インストーラー更新プログラムのインストールのプロパティへのパラメーター。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この更新プログラムの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

システム センター構成マネージャー sp1 で 2012
システム センター構成マネージャー sp1 で 2012

関連情報

この累積的な更新プログラムをインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明
プロパティ

文書番号:2817245 - 最終更新日: 2017/01/31 - リビジョン: 1

Microsoft System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1

フィードバック