ラトビアの国に固有の更新プログラムが Microsoft Dynamics AX 2009 Service Pack 1 (SP1) および Microsoft Dynamics AX 2012 の R2 の付加価値税 (VAT) の宣言の XML ファイル形式を更新します。

この資料は、すべての地域の Microsoft Dynamics AX に適用されます。

はじめに

ラトビアの国に固有の更新プログラムは Microsoft Dynamics AX 2009 の SP1 および Microsoft Dynamics AX 2012 の R2 の VAT 申告 XML ファイル形式を更新できます。

VAT 申告は、キャビネットの省長官にラトビアによって発行される規制に従って変更されます。変更内容は、2013 年 1 月 1 日から有効です。すべての会社する必要があります定期的 (毎月、四半期ごと、または半年に 1 回) のレポート XML ファイル形式のレポートを作成する新しい VAT を使用して、VAT 申告します。

古い VAT 申告には、次の 5 つの xml ファイルに分離されている部分が含まれています。
  • VAT 申告の場合は、VAT 税支払期間宣言します。
  • VAT1 の付録に、「私です。国内の購入の商品やサービスの購入」。
  • VAT1 の付録 II では、「II です。商品の EU 加盟国から購入した」。
  • VAT1 の付録 III では、「III。出荷済の商品やサービスに課税」です。
  • 「EU 内で配信された商品のレポート」、VAT2 (EU 販売リスト)。
2013 年 1 月 1 日から 1 つだけ必要な VAT 申告 xml ファイルがあります。新しい VAT 申告の xml ファイルでは、これら 5 つのファイルから情報を結合します。EU 販売リストも含まれています。

ラトビアの VAT 申告の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
ラトビアの2487149 A 国に固有の更新プログラムは、電子 VAT VAT ステートメントと、EU 販売リストを Microsoft Dynamics AX 2009 の Service Pack 1 の XML 構造のファイルにエクスポートするレポートの使用
ラトビアを EU 販売リストの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
978496ラトビアの国に固有の更新プログラムは、Microsoft Dynamics AX 2009 sp1 では、Microsoft Dynamics AX 4.0 sp2 では、EU 販売リストの使用

詳細情報

に従って、キャビネットの省長官にラトビアによって発行される規制により、Microsoft Dynamics AX 2009 の SP1 および Microsoft Dynamics AX 2012 の R2 の次の変更が実装されます。
  1. 政府文書に従っていくつかの xml 要素は、新しい形式といくつかの新しい xml 要素を追加します。
  2. EU 販売リスト] ボタンは、[売上税支払] ダイアログ ボックスに追加されます。EU 販売リスト] ダイアログ ボックスを開くには、ボタンを使用できます。次の場所では、新しく追加したボタンを表示できます。
    GL、レポート、外部と別売上税支払
  3. 四半期ごと、または半年周期では、VAT 申告を報告できます。VAT の決済期間によって異なります。期間を次の場所にレポートのプロパティを構成することができます。
    GL/セットアップ/販売税と売上税決済の期間/タブの [全般]
    • 四半期ごとの期間: 期間の月、3 の単位数。
    • 半年期間: 期間の月、6 の単位の数。
  4. EU 販売リストの報告として報告されたトランザクションをマークするにはxml ファイルの VAT のエクスポート] ダイアログ ボックスで報告されたとしてマークする] チェック ボックスをオンを選択することによって。
  5. VAT のエクスポート xml ファイル] ダイアログ ボックスでは、次の変更が行われます。
    1. [連絡先情報] 領域で。
      • アカウント マネージャー会社のマネージャーおよび位置のフィールドが削除されます。
      • 電子メール アドレス] フィールドを追加します。
      • 電話番号フィールドは、省略可能に変更されます。
    2. 過納税] 領域で、国内の VAT 額を Overpaidフィールド (タグ < SummaParm >) が追加されます。
  6. 次のビジネスの種類は、Microsoft Dynamics AX 2009 sp1 では、「売上税コード」フォームの [計算方法] タブに追加されます。
    1. 木材を扱う
    2. スクラップ金属で処理します。
    3. 構築サービス
  7. セクション 33 段落 4 に従って商品の値は、[レポートの設定] タブで、"売上税コード フォームで Microsoft Dynamicsベルギーの仕訳帳レポート] 領域での税コードの種類」ドロップ ダウン リストに追加されます AX 2009 SP1。
  8. Microsoft Dynamics AX 2012 の R2 では、「売上税コード」フォームの [計算方法] タブには、次の値を含むビジネスの種類のドロップダウン リストが追加されます。
    1. インポート
    2. VAT 請求対象の会社との取引
    3. VAT 登録番号のないパートナーとの取引
    4. 畑に支払われる報酬
    5. 失われた負債
    6. 木材に関連するビジネス
    7. スクラップ金属関連ビジネス
    8. 関連ビジネスの構築サービス
  9. セクション 33 段落 4 に従って商品の値は、Microsoft Dynamics AX 2012 の R2 では、「品目売上税グループ」フォームでレポートの種類」ドロップ ダウン リストに追加されます。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールした場合、またはその他のテクニカル ・ サポートのご質問がある場合、パートナーにお問い合わせくださいまたは場合は、マイクロソフトから直接サポート プランに登録すると、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡して新しいサポート要求を作成します。 これを行うには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。これらのリンクを使用して、国の特定の電話番号を電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡することができます。 これを行うには、次のマイクロソフト web サイトのいずれかを参照してください。

パートナーお客様かかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。

インストール情報

メソッドまたはこの修正プログラムの影響を受けるテーブルの 1 つ以上のカスタマイズがあれば、次の手順する必要があります。
  1. .Xpo ファイルに記載されている変更を確認します。
  2. 運用環境で修正プログラムを適用する前にテスト環境でこれらの変更を適用します。


この修正プログラムをインストールする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
Microsoft Dynamics AX の修正プログラムをインストールする方法を893082
重要 Microsoft Dynamics AX 2012 R2 のいくつか他の修正プログラムをインストールされていた、SYP ラベルが含まれていますがある場合のラベルが正しくインストールされていません。ラベルを正しくインストールするには、axSYPen られます、ファイルを削除 AxSYPlv.ald アプリケーション フォルダーからこの更新プログラムを適用する前にします。
次の新しいファイルにインストールされているすべての以前のラベルが含まれます: axSYPen られますし、AxSYPlv.ald。

必要条件

この修正プログラムを適用するのにはインストールされている製品は次のいずれかが必要です。
  • Microsoft Dynamics AX 2009 SP1
  • Microsoft Dynamics AX 2012 R2

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、アプリケーション オブジェクト サーバー (AOS) サービスを再起動する必要があります。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンには、次の表に記載されているファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が含まれています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
Microsoft Dynamics AX 2009 SP1 では。

Microsoft Dynamics AX 2012 R2。

影響を受けるオブジェクト

Microsoft Dynamics AX 2009 sp1 では、次のオブジェクトが変更されます。
  • Classes/EuSalesListDisk_LV
  • Classes/TaxReportExportHelper_W
  • Classes/TaxReportExport_LV
  • データ ディクショナリ、またはベースの列挙型/LvBusinessType
  • データ ディクショナリ、またはベースの列挙型/TaxCodeTypeBE
  • データ辞書とテーブル TaxReportCollection
  • データ辞書とテーブル TmpTaxReportTaxTransData_LV
  • データ辞書とテーブル TmpTaxTransInfo_W
  • Forms/EUSalesList
  • Forms/TaxReportVoucher
  • Reports/TaxReportTaxTransData_LV
Microsoft Dynamics AX 2009 sp1 では、次のオブジェクトが追加されます。
  • データ ディクショナリ、またはベースの列挙型/LvDocumentAggregationType
  • データ辞書と拡張データ型/TaxAmountOverpaid_LV

アプリケーション修正プログラムのインストールの検証

アプリケーション修正プログラムのインストールを検証するには、アプリケーション オブジェクト ツリー (AOT) で、 SysHotfixManifestクラスを開きます。次に、名前持つにはには、インストールされている修正プログラムのサポート技術情報 (KB) 文書番号が含まれています。 メソッドがあることを確認します。さらに、することができますクロス チェックは、影響を受けるオブジェクト AOT 内のオブジェクトに対して KBXXXXXXの .txt ファイルを比較することによって。これを行うには、SYP レイヤーまたは GLP のレイヤーにオブジェクトが正しく変更ことを確認の操作を行うことができます。

注: XXXXXXのプレース ホルダーは、インストールされている修正プログラムのサポート技術情報番号を表します。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
Dynamics AX 2009 の974255の影響の分析機能
注: これは、マイクロソフト サポートの組織内から直接作成した「高速公開」の資料です。ここに含まれる情報は、新たに発生している問題に応じて現状のまま提供されています。速やかに利用できるようにした結果として、内容には誤植が含まれている可能性があり、事前告知なしで改訂する場合があります。その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2818991 - 最終更新日: 2017/02/18 - リビジョン: 3

Microsoft Dynamics AX 2009 Service Pack 1, Microsoft Dynamics AX Application Object Server, Microsoft Dynamics AX Application Object Server, Microsoft Dynamics AX 2012 R2, Microsoft Dynamics AX Application Object Server, Microsoft Dynamics AX Application Object Server

フィードバック