lodctr /R コマンド実行時に、イベントID : 3009, 2007 が出力された場合の対処方法

適用対象: Windows Server 2012 DatacenterWindows Server 2012 DatacenterWindows Server 2012 Essentials

現象


本情報は日本語版 OS における事象についての記載です。

lodctr /R コマンド 実行時に、下記 イベント ログ が出力されることがあります。

ログ : Application
重大度 : エラー
ソース : Microsoft-Windows-LoadPerf
ID : 3009
説明 : サービス usbhub () のパフォーマンス カウンターの文字列をインストールできませんでした。エラー コードがデータ セクションの最初の DWORD に含まれています。

ログ : Application
重大度 : 警告
ソース : Microsoft-Windows-LoadPerf
ID : 2007
説明 : usbhub サービスのパフォーマンス カウンターを修復できません。LODCTR ツールを使用してパフォーマンス カウンターを手動で再インストールしてください。


また、パフォーマンス モニター 起動時に下記 イベント ログ が出力されることがあります。

 ログ : Application
 重大度 : エラー
 ソース : Microsoft-Windows-LoadPerf
 ID     : 2001
 説明   : usbperf\Performance キーの "First Counter" 値を読み取れません。ステータス コードはデータで戻されました。


このとき、パフォーマンス モニター のカウンター 一覧に "USB" が存在しません。


原因


パフォーマンス カウンター "USB" の再構築に失敗したため、これらの イベント ログ が出力されます。


解決方法


パフォーマンス カウンター "USB" を個別に再構築することにより、復旧することができます。
また、これにより パフォーマンス モニター起動時に イベント ID:2001 が記録されなくなります。


実施手順
 1. コマンド プロンプト を実行します。

 2. 以下の コマンド を順に実行します。

    copy "C:\Windows\inf\usbhub\usbperfsym.h" "C:\Windows\inf\usbhub\0411\usbperfsym.h"
    lodctr "C:\Windows\inf\usbhub\0411\usbperf.ini"

    上記 コマンド 実施後、「Perflib の言語キー 009 を開けません」と表示されますが、
    パフォーマンス カウンター 及び システム への影響はございません。


詳細


lodctr /R を含む パフォーマンス カウンター の再構築方法につきましては、次の マイクロソフト Web サイト を参照してください。
http://support.microsoft.com/kb/300956