Windows XP での PPPoE 接続の作成方法

概要

Microsoft Windows XP には、PPPoE (PPP over Ethernet) クライアントが組み込まれています。これは一般に、ケーブル モデムや DSL などのハードウェアを使用する高速接続用のものです。


この資料では、PPPoE クライアントのインストール方法と PPPoE 接続の作成方法について記載しています。

詳細

PPPoE クライアントは、ほかのダイヤルアップ ネットワーク接続と同じ方法でインストールできます。PPPoE クライアント接続を作成するには、次の手順を実行します。
  1. コントロール パネルで [ネットワークとインターネット接続] をクリックします。

    (もしくは [ネットワーク接続] を選択し、手順 2 を実行します。)
  2. [ネットワーク接続] をクリックし、ウィンドウ左側のネットワーク タスク ペインに表示されている [新しい接続を作成する] をクリックして、新しい接続ウィザードを起動し、[次へ] をクリックします。
  3. [ネットワーク接続の種類] で [インターネットに接続する] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. インターネットへの接続準備として [接続を手動でセットアップする] を選択し、 [次へ] をクリックします。

  5. インターネットへの接続方法として [ユーザー名とパスワードが必要な広帯域接続を使用して接続する] または [常にアクティブな広帯域接続を使用して接続する] を選択し、[次へ] をクリックします。


    [常にアクティブな広帯域接続を使用して接続する] を選択した場合は、手順 11 に進みます。
  6. [ISP 名] ボックスに、インターネット サービス プロバイダ (ISP) から指定されたサービス名を入力し、[次へ] をクリックします。


    : ISP からサービス名が指定されていない場合、または不明な場合は、このフィールドを空白にして、[次へ] をクリックします。ウィザードが終了したら、新しい接続を使用して、接続を試みます。接続できない場合、適切なサービス名を ISP に問い合わせてください。
  7. [ユーザー名] ボックスに、ISP から指定されたユーザー名を入力します。
  8. [パスワード] ボックスに、ISP から指定されたパスワードを入力します。
  9. [パスワードの確認入力] ボックスにパスワードを再度入力して [次へ] ボタンをクリックします。
  10. [この接続へのショートカットをデスクトップに追加する] をクリックします。
  11. [完了] をクリックし、ウィザードを終了します。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID
283070 (最終更新日 2001-08-10) をもとに作成したものです。


プロパティ

文書番号:283070 - 最終更新日: 2001/11/19 - リビジョン: 1

フィードバック