Windows 8 からダウングレードする方法

適用対象: Windows 8Windows 8 ProWindows 8 Enterprise

概要


Windows 8 を以前のバージョンの Windows にダウングレードできるかどうかは、お使いの Windows 8 のバージョンと、Windows 8 を入手した方法の両方によって決まります。一部のエディションの Windows にはダウングレード権がありません。ダウングレード権があり、ダウングレード権を使用することを決定した場合は、元のバージョンのライセンスと使用権を保持し続けることになります。また、いつでも "アップグレード" できます。

詳細


Windows 8 を入手する主な方法は次のとおりです。
  • リテール版の Windows 8 を購入し、Windows XP、Windows Vista、または Windows 7 を搭載している PC にアップグレードとしてインストールする。
  • Windows 8 システム ビルダーの個人使用ライセンスを購入してインストールする。
  • Windows 8 がプレインストールされている PC を OEM から購入する。
  • ボリューム ライセンス契約を購入し、適格なオペレーティング システムを搭載している PC に Windows 8 Pro アップグレードまたは Windows 8 Enterprise をインストールする。

ダウングレード権

上記の各シナリオのダウングレード権は、以下のとおりです。

リテール版の Windows 8 の場合

リテール版の Windows 8 にはダウングレード権はありません。リテール版の Windows 8 を使用して Windows をアップグレードした場合、PC に付属していたリカバリ メディアまたはインストール メディアを使用して、以前のバージョンの Windows を再インストールする必要があります。

リカバリ メディアが手元にない場合は、PC の製造元が提供しているソフトウェアを使用すると、PC のリカバリ パーティションからアップグレードする前にリカバリ メディアを作成できる場合があります。詳細については、PC の製造元の Web サイトのサポート セクションを確認してください。Windows 8 をインストールした後は、リカバリ パーティションを使用してリカバリ ディスクを作成することができなくなるため、アップグレードの前にこのリカバリ ディスクを用意してください。

リカバリ メディアから PC を起動する方法の詳細については、「作成したメディアからブートして別のパーティションにインストールする」を参照してください。

Windows 8 システム ビルダーの個人使用ライセンスの場合

自分自身が Windows 8 システム ビルダーを購入してインストールすることで Windows 8 をインストールした場合、ダウングレード権はありません。これは、製品の個人使用に関するマイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項により規定されています。以前のバージョンの Windows にダウングレードする操作は、リテール版の Windows 8 の場合と同じです。つまり、以前のバージョンの Windows のプロダクト キーを購入するか、事前に購入済みである必要があり、リカバリ メディアまたはインストール メディアを使用してそのバージョンをインストールします。

OEM により Windows 8 がプレインストールされている PC の場合

OEM のダウングレード権は Windows 8 Pro にのみ適用され、また 2 世代前まで (Windows 7 Professional と Windows Vista Business) へのダウングレードが可能です。

PC をダウングレードする方法

OEM は、特定の PC をダウングレードする方法に関する最適な情報を提供します。また、OEM がインストール メディアを送付したり、オペレーティング システムのダウングレードが既にインストールされている PC を提供する場合もあります。

注: マイクロソフトと OEM は、ダウングレード用のメディアを提供する義務を負いません。

自分で PC のダウングレードを実行するには、以下の手順を実行します。
  1. コンピューターがレガシ BIOS モードで起動するように設定を変更します。

    注: 後で Windows 8 Pro にアップグレードして戻し、Windows 8 Pro のすべての機能が必要である場合は、Windows 8 Pro をインストールする前に、BIOS 設定をネイティブ UEFI モードに変更して戻す必要があります。この操作は、ダウングレードがプレインストールされている状態で販売された PC で Windows 8 Pro にアップグレードする場合でも同様です。
  2. OEM によっては、Windows 7 Professional または Windows Vista Business のプロダクト キーを、必要に応じて BIOS に事前に注入しています。OEM が PC にこのような処理を行っている場合は、以下の操作のいずれか一方のみを実行する必要があります。
    • 同じ OEM により提供されている該当するバージョンの Windows 用のリカバリ メディアを使用して、Windows 7 Professional または Windows Vista Business をインストールします。BIOS に注入されていたプロダクト キーを使用して、システムは自動的にライセンス認証されます。
    • 該当するバージョンの Windows 用の正規インストール メディアを使用して、Windows 7 Professional または Windows Vista Business をインストールします。BIOS に注入されていたプロダクト キーを使用して、システムは自動的にライセンス認証されます。
    • ボリューム ライセンス キー管理サービス (KMS) を使用して、Windows 7 Professional または Windows Vista Business をライセンス認証します。KMS では、プレインストールされているプロダクト キーを確認してシステムをライセンス認証することができます。
  3. OEM が PC の BIOS にプロダクト キーを注入していない場合は、以下の手順を実行します。
    1. 正規の Windows 7 Professional または Windows Vista Business のインストール メディアと、それに対応するプロダクト キーを入手します。小売店から Windows ダウングレードの完全製品パッケージを購入することが必要になる場合があります。
    2. PC にダウングレード バージョンの Windows のメディアを挿入し、インストールの指示に従います。
    3. プロダクト キーの入力を求められたら、プロダクト キーを入力します。ソフトウェアが以前にライセンス認証されている場合は、そのソフトウェアをオンラインでライセンス認証することはできません。この場合は、お住まいの地域のライセンス認証の電話番号が表示されます。この番号に電話をかけて、状況を説明します。適格な Windows ライセンスを所有していることが確認されれば、ライセンス認証の担当者は、ソフトウェアをライセンス認証するための 1 回限りのライセンス認証コードを通知します。この場合、マイクロソフトは完全なプロダクト キーを通知しないことに注意してください。

Windows 8 Pro アップグレードまたは Windows 8 Enterprise 用のボリューム ライセンス契約を使用してダウングレードする方法

ダウングレード権に関する柔軟性が最も高いのはボリューム ライセンスです。ボリューム ライセンスでは、その他の旧バージョンおよびその他のエディションへのダウングレードが可能です。以下の表に、ダウングレードの資格の要約を示します。Windows 7 Ultimate へのダウングレード権は存在しないことに注意してください。


注: 多言語機能を使用している Windows 8 のお客様は、Windows 7 Professional または Windows XP Professional にはダウングレードできません。これは、多言語機能は Windows 7 Enterprise のみで使用でき、Professional エディションでは使用できないためです。

Microsoft Volume Licensing Service Center (VLSC) では、バージョンのサポート ライフサイクルの終了まで、各バージョンの Windows のダウンロード アクセス権が提供されています。

注: VLSC のダウンロード ソフトウェア アクセス以外にも、すべてのボリューム ライセンスのお客様は、マイクロソフトの販売店を通じて、ライセンスが付与されたソフトウェアの物理メディア (CD/DVD) を購入できます。

以前のマイクロソフト製品の物理メディア (CD/DVD) を正規の方法で入手し、現時点でダウングレード権によりそれらの製品を使用するライセンスが組織に付与されている場合、自由裁量においてこれらの以前のソフトウェア バージョンを使用できます。

以前の製品バージョンへのアクセスの詳細については、マイクロソフト ボリューム ライセンス Web サイトの「フルフィルメント情報」を参照してください。