Office 2010 64 bit Service Pack 1 の VBA で ReDim ステートメントに VARIANT 型を使用するとエラーが発生する

適用対象: Excel 2010

現象


Office 2010 64 bit Service Pack 1 の VBA で、ReDim ステートメントを用いて動的に Variant 型配列を確保すると、正しく型情報が設定されません。
そのため、この配列を外部の OLE サーバーで受け取った際に、正しく解釈することができません。
なお、Dim ステートメントを用いて固定的に Variant 型配列を確保した場合には発生しません。

Notes:
この現象は、Office 2010 64 bit Service Pack 1 でのみ発生します。Office 2010 64 bit 出荷版では発生しません。また、Office 2010 32 bit では Service Pack 1 の有無にかかわらず発生しません。

回避策


次の方法のいずれかの方法で回避します。
  1. 動的配列を使用しない
  2. Office 2010 64bit の Service Pack 1 を使用しない


状況


マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。