Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2012 では、DFSR イベント ID 2213

適用対象: Windows Server 2008 R2 StandardWindows Server 2008 R2 EnterpriseWindows Server 2008 R2 Datacenter

概要


マイクロソフトは修正プログラム2663685を Windows Server 2008 R2 の DFS レプリケーション (DFSR) サービスに新しい機能を導入しました。Windows Server 2008 R2 の修正プログラム 2663685 または Dfsrs.exe のそれ以降のバージョンをインストールした後、DFSR サービスには自動回復の Extensible Storage Engine (ESE) が実行されなくなります)、データベースには、ダーティなシャット ダウンが発生した後のデータベースです。代わりに、新しい DFSR 動作がトリガーされると、イベント ID 2213 が DFSR のログに記録されます。DFSR でダーティなシャット ダウンが検出された後、DFSR は、管理者はレプリケーションを手動で再開する必要があります。

Windows Server 2012 では、既定でこの現象が発生します。

詳細


DFSR サービスは、レプリケート フォルダーをホストするボリューム上のボリュームごとに 1 つの ESE データベースを保持します。DFSR では、このデータベースを使用して、レプリケート フォルダー内の各ファイルおよびフォルダーに関するメタデータを格納します。サービスは引き続き正常に動作するかどうかを確認するのにはデータベースの整合性を維持する必要があります。

DFSR が通知され、サービスがシャット ダウンする必要があります、ESE データベースにすべての未処理の変更をコミットすることを開始します。DFSR でダーティなシャット ダウンは、DFSR サービスは、DFSR サービスがシャット ダウンする前に、DSFR の ESE データベースのすべての保留中の変更をコミットできない場合に発生します。起動中には、DFSR サービスは、データベースの整合性をチェックします。

ダーティ シャット ダウンの回復、バックログが大きいことがあり、さらに、可能性がありますレプリケーションの競合が発生します。場合によっては、修正プログラム 2780453の修正プログラムをリリースする前に落札したファイル バージョンではありません、エンド ・ ユーザーがしようとしています。ダーティ シャット ダウン時にレプリケーションを停止するのには更新プログラムは、管理者は、データのバックアップのレプリケーションを再開する前に、最後のバックアップが行われた後は、デルタをキャプチャするための防護策として対象としています。

2780453 の修正プログラムをインストールすると、不要になった、ダーティなシャット ダウン時にレプリケーションを一時停止する必要があります。Windows 2012 既定のすべてのメディアでは、 2780453 の修正プログラムから修正プログラムが含まれます。

ベスト ・ プラクティス

サーバーの役割、OS、および修正プログラム レベルに基づいて、自動バックアップのベスト プラクティス

ロールWindows Server 2008 R2Kb 2780453 がインストールされている Windows Server 2008 R2Windows Server 2012
DC
クラスター ノード
書き込み可能な DFSR サーバーオフ
読み取り専用の DFSR サーバー

自動バックアップのレプリケーションを停止する機能を無効にする方法

DFSR データベースがダーティ シャット ダウンが検出されたときに自動バックアップを実行、次のレジストリ値修正プログラムを編集するのには、Windows Server 2008 R2 で2780453がインストールされます。Windows Server 2012 のすべてのバージョンにこの変更を展開することができます。値が存在しない場合は、作成する必要があります。
キー: HKLM\System\CurrentControlSet\Services\DFSR\Parameters
値: StopReplicationOnAutoRecovery
種類: Dword
データ: 0
2213 のイベントがログに記録した後、レプリケーションを再開する方法

2213 のイベントがログに記録した後、管理者は、レプリケーションを再開するのには WMIC コマンドを実行する必要があります。コマンドの詳細については、イベント ID 2213 のテキストで提供します。

手順 1: イベント ID 2213 は、DFSR サーバーに記録されます。


回復手順を実行します。

  1. ボリューム上のすべてのレプリケートされたフォルダー内のファイルをバックアップします。これを行うには、障害が発生が、レプリケートされたフォルダーのリカバリ中に予期しない競合の解決からのデータの損失にあります。
  2. このボリュームのレプリケーションを再開するには、 ResumeReplication WMI クラスのメソッドDfsrVolumeConfigを使用します。など、管理者特権のコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

    wmic の/namespace:\\root\microsoftdfs パスの dfsrVolumeConfig、volumeGuid =""E18D8280-2379-11E2-A5A0-806E6F6E6963""の呼び出し ResumeReplication

手順 2: イベント ID 2213 回復手順では、手順 2 から、WMIC コマンドをコピーして、管理者特権のコマンド プロンプトに貼り付けます。コマンドが正常に実行されるときは、次の結果を返します。
wmic の/namespace:\\root\microsoftdfs pathdfsrVolumeConfig、volumeGuid ="F1CF316E-6A40-11E2-A826-00155D41C919"の呼び出し ResumeReplication

Executing(file://ww2008r2dc1/root/microsoftdfs:DfsrVolumeConfig.VolumeGuid=%22F1CF316E-6A40-11E2-A826-00155D41C919%22)-%3EResumeReplication()">\\WW2008R2DC1\root\microsoftdfs:DfsrVolumeConfig.VolumeGuid="F1CF316E-6A40-11E2-A826-00155D41C919")->ResumeReplication()Method execution successful.Out Parameters:instance of __PARAMETERS{        ReturnValue = 0;};
PowerShell のユーザへの注意:PowerShell から次のように実行するのには WMIC コマンドを単一引用符を追加する必要があります。
wmic の/namespace:\\root\microsoftdfs pathdfsrVolumeConfig、' volumeGuid ="F1CF316E-6A40-11E2-A826-00155D41C919"' ResumeReplication を呼び出す
ステップ 3: かどうかイベント Id 2212 と 2214 ログオンしています、再開のレプリケーション コマンドを実行したサーバーを確認します。


回復の他に注意してください。必要がありますレプリケート フォルダーを再初期化 (または初期同期を実行)、ダーティなシャット ダウン後これらの手順に従います。
  1. レプリケート フォルダーを無効にします。
  2. 前の「リカバリ手順」セクションで手順を使用して、レプリケーション有効にします。
  3. レプリケート フォルダーを有効にします。
無効にするし、WMIC コマンドを実行する前に、レプリケート フォルダーを有効にする、ボリューム ・ マネージャーがオフラインであるため初期同期は発生しません。

ダーティ シャット ダウンの可能性を減らすために手順を実行します。

Windows では、サービスのシャット ダウン通知を受信した後にシャット ダウンするまで 30 秒30 秒後は、サービス コントロール マネージャーは、サービスをシャット ダウンを強制します。DFSR サービスでは、使用中のハブ ・ サーバーは、未処理の変更をデータベースにコミットするために 30 秒以上を必要があります。DFSR サービスは、サービス コントロール マネージャーによって割り当てを 30 秒以内にすべての変更をコミットしない場合、は、サービスを強制的に閉じると、し、これがダーティ シャット ダウンの回復を開始します。

停電やその他のハード ・ リブートの DFSR サーバーは、ダーティ シャット ダウンの回復をトリガーすることもできます。ダーティ シャット ダウンの可能性を減らすためには、下の DFSR サーバーが無停電電源装置 (UPS) が正常にシャット ダウンするために接続されているを確認します。

サービス シャット ダウンの時間を拡張します。

DFSR サーバーをシャット ダウンするのには 30 秒以上を必要とする、すべてのサービスをシャット ダウンを許可されている期間を延長するのにはWaitToKillServiceTimeoutの値を使用できます。

DSFR サーバーをシャット ダウンに通常より多くの時間を必要とするは、ほとんどのサーバーの再起動やサービスの再起動に 2212 と 2214 のイベントをログ出力します。またはダーティなシャット ダウンからの自動バックアップが有効な場合、イベント 2213 サーバー再起動するたびにログに記録、DFSR サービスの再起動します。
パス: HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control
値: WaitToKillServiceTimeout
型: 文字列
データ: 300000

注: この値はミリ秒単位です。この例では、シャット ダウン時間の 5 分を表示します。値を増やすか、必要に応じて減少します。DFSR だけでなく、すべてのサービスをこの値に影響します。まだ DFSR がシャット ダウンして、十分な時間を提供する最も低い値には、この値を設定することをお勧めします。次のプロセスを使用すると、DFSR サービスがシャット ダウンするのに必要があるどのくらいの期間を決定します。
  1. 300000 ミリ秒 (5 分) の設定では、 WaitToKillServiceTimeoutレジストリ値を追加します。設定を有効にするサーバーを再起動します。(重要は、「WaitToKillServiceTimeOut についてのメモ」の次のセクションに2549760をインストールする方法のメモを参照)。 します
  2. DFSR イベント 1006 用のサーバーの次のいくつかの再起動を監視 (DFSR は停止中) と (DFSR 停止) 1008 です。イベント 1006、1008 までに経過した時間に注意してください。
  3. 修正により、 WaitToKillServiceTimeoutの値 DSFR が正しくシャット ダウンする必要がある実際の時間をより正確に反映するようにシャット ダウン時間を調整します。
WaitToKillServiceTimeOut についてのメモ
  • サーバーを再起動するか、行の DFSR を何度か再起動 DFSR がシャット ダウンする必要があるときの適切なサンプルが提供されません。保留中のデータベースのトランザクションを記録するためにしばらくの間を実行するサービスの時間を許可する必要があります。
  • WaitToKillServiceTimeout設定では、1 時間の最大値を持ちます。設定は、1 時間を超えている場合、SCM は、サービスのシャット ダウンの 30 秒の既定の設定に戻ります。
  • SCM をWaitToKillServiceTimeoutの設定では、正常に動作するようにするには、その修正プログラム 2549760 は、Windows Server 2008 R2 にインストールされていることを確認します。
2549760WaitToKillServiceTimeout レジストリ値は、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 では機能しません