Lync Server 2010 コア コンポーネントの累積的な更新プログラムの説明: 2013年 7 月

概要

この資料では、Microsoft Lync Server 2010 年 2013年 7 月は、日にリリースされた累積的な更新で修正される問題のコア ・ コンポーネントについて説明します。
この資料には、累積的な更新プログラムに関する次の情報が含まれています。
  • 累積的な更新プログラムで修正される問題。
  • 累積的な更新プログラムを適用するための前提条件です。
  • かどうか累積的な更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。
  • かどうか累積的な更新は、他の累積的な更新プログラムに置き換えられます。
  • かどうか、レジストリに変更を行う必要があります。
  • 累積的な更新プログラムに含まれるファイルです。

概要

この累積的な更新プログラムで修正される問題

この累積的な更新プログラムには、次の問題が修正されます。
  • 2861326 Lync Windows ストア アプリは、coexistent の Lync Server 2010 サーバーと Office 通信 Server 2007 R2 のエッジ サーバーの環境で動作しません。
  • 2848882更新プログラムは、Lync Server 管理シェルでの移動のコマンドレットを実行するユーザーを有効にする Lync Server 2010 で使用できます。
この累積的な更新プログラムには、次のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されている問題も修正されます。
  • Lync Server 2010 コア コンポーネントの累積的な更新プログラムの2793350の説明: 2013年 3 月
  • Lync Server 2010 コア コンポーネントの累積的な更新プログラムの2740403の説明: 2012年 10 月
  • Lync Server 2010 コア コンポーネントの累積的な更新プログラムの2701663の説明: 2012 年 6 月
  • Lync Server 2010 コア コンポーネントの累積的な更新プログラムの2670334の説明: 2012 年 2 月
  • Lync Server 2010 コア コンポーネントの累積的な更新プログラムの2514981の説明: 2011 年 11 月
  • 2571545の説明の Lync Server 2010 コア コンポーネントの累積的な更新プログラム: 2011 年 7 月
  • Lync Server 2010 コア コンポーネントの累積的な更新プログラムの2500444の説明: 2011 年 4 月
  • Lync Server 2010 コア コンポーネントの累積的な更新プログラムの2467775の説明: 2011 年 1 月

詳細

Microsoft ダウンロード センター

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
Download 更新プログラム パッケージのダウンロード
リリース日: 7 月 2013

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

必要条件

この累積的な更新プログラムを適用するための前提条件はありません。

再起動の必要性

この累積的な更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この累積的な更新プログラムには、次の累積的な更新プログラムが置き換えられます。
Lync Server 2010 コア コンポーネントの累積的な更新プログラムの2793350の説明: 2013年 3 月

レジストリ情報

このパッケージに更新プログラム パッケージのいずれかを使用、レジストリに変更を加える必要はありません。

パッケージのインストール情報を更新します。

この累積的な更新プログラムを適用するには、次のサーバーの役割を実行しているコンピューターで OcsCore.msp パッケージをインストールします。
  • Lync Server 2010 の Standard Edition サーバー
  • Lync Server 2010 のエンタープライズ エディションのフロント エンド サーバー
  • Lync Server 2010 のスタンドアロンの音声ビデオ会議サーバー
  • Lync Server 2010 のディレクター
  • Lync Server 2010 のエッジ サーバー
  • Lync Server 2010 のスタンドアロンの仲介サーバー
  • Lync Server 2010 のサーバーの監視
  • Lync Server 2010 のアーカイブ サーバー
  • Lync Server 2010 の管理ツール
  • Lync Server 2010 のリカバリ性に優れたブランチ サーバー
  • Lync Server 2010 のアプリケーション サーバーを信頼します。
注:
  • 任意の順序でサーバーのプールを更新することができます。
  • 同じバージョンの累積的な更新には、サーバーのすべてのプールをアップグレードすることをお勧めします。
Standard Edition サーバーおよびエンタープライズ エディションのフロント エンド サーバーは、この更新プログラム パッケージをインストールした後、次のコマンドレットを実行する必要があります。
インストール-CsDatabase-ConfiguredDatabases-SqlServerFqdn を更新 < EEBE。Fqdn > ・ UseDefaultSqlPaths
注:
  • コマンドレットを実行する前に、サーバー プール内のすべてのフロント エンド サーバーをアップグレードします。
  • 環境では、Lync Server 2010 の標準版、Standard Edition サーバーからコマンドレットを実行します。
  • エンタープライズ エディション バックエンド サーバーと、アーカイブ、監視サービスが併設されている Lync Server 2010 のエンタープライズ版環境では、エンタープライズ エディション バックエンド サーバーからこのコマンドレットを実行します。
  • エンタープライズ エディション バックエンド サーバーと共存しないアーカイブ監視サービスを Lync Server 2010 のエンタープライズ版環境では、Enterprise Edition フロント エンド サーバーからこのコマンドレットを実行します。
RTCDyn データベースには、 UseDefaultSqlPathsパラメーターを指定せずに、コマンドレットを実行した後は削除されている場合は、RTCDyn データベースを復元するのには次のコマンドレットを実行します。
インストール-CsDatabase-ConfiguredDatabases-SqlServerFqdn を更新 < EEBE。Fqdn > - DatabasePaths <RtcDyn ログのパス> <RtcDyn データのパス>
注: RtcDyn ログは、Rcdyn.ldf ファイルのパスに沿った距離にあります。RtcDyn データは Rtcdyn.mdf ファイルのパスに沿った遠くにあります。

アンインストール情報

この累積的な更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラム追加と削除の項目を使用します。

場合によっては、この累積的な更新プログラムを削除しようとするとき、ソース CD を求められます。この現象が発生する場合は、ソース CD を挿入またはソース ファイルがあるパスを提供します。
ファイル情報

関連情報

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明
Lync Server 2010 の最新の更新プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2493736 Lync Server 2010 用の更新プログラム
プロパティ

文書番号:2847898 - 最終更新日: 2017/01/31 - リビジョン: 1

フィードバック