O365: Access 2013 アプリが使用可能なデータベースの最大サイズ制限を超えました

現象

データを追加したり、Microsoft Office 365 に Access web アプリケーションのデザインの変更を保存しようとすると、試行が失敗します。 さらに、次のようなエラー メッセージが表示されます。
すみません。アクセスは、アプリが許可されているサイズ制限を超えているために、この操作を実行できません。空き容量を増やすを待ち、データベースのサイズにサイズの制限の下を取得し、再度実行してくださいにいくつかのデータを削除してください。1 日を追加したり、データを更新する前に許可する必要があります。

原因

この問題は、 Microsoft SQL Azure 上のアプリケーションをアクセスの 1 ギガバイト (GB) のサイズの上限に達したために発生します。アクセス アプリケーションの SQL Azure データベースに達したか、1 GB の制限を超えていると、を編集またはレコードを追加することはできませんし、デザインに変更を保存することはできません。

解決策

この問題を解決するには、編集またはレコードを追加できるようにして、デザインの変更を保存するのには、十分な領域を解放するためにアプリケーションからデータを削除する必要があります。

詳細

削除する前にデータをバックアップすることをお勧めします。イメージ以外のデータをバックアップするためのアクセスのデスクトップ データベースからアプリケーション データへのアクセスにリンクできます。リンクされた各テーブルを右クリックし、デスクトップのデータベースのローカル テーブルに変換できます。

バックアップを作成し、イメージ データを復元する場合は、1-800-マイクロソフトのマイクロソフトのサポートに連絡してください。

アクセスのデスクトップ データベースから Access Web App の SQL Azure データベースへのリンク

アクセスのデスクトップ データベースから、SQL Azure でのアプリケーション データのアクセスにリンクするには、以下の手順を。
  1. Access 2013 web クライアントで、[情報] をクリックします。
  2. [接続] セクションの [管理] をクリックし、任意の場所からを選択します.
  3. 読み取り/書き込み接続を有効にする] をクリックします。
  4. [管理] をクリックします。
  5. 読み取り/書き込み接続情報を表示する オプションをクリックします。
  6. 接続情報を記録します。
  7. Access 2013 で、新しいデスクトップ データベースを作成します。
  8. デスクトップの Access データベースで、[外部データ] タブをクリックし、 ODBC データベースを選択します。
  9. 外部データの取り込み] ダイアログ ボックスでは、リンク テーブルを作成することによってデータ ソースへのリンクを選択し、し、[ OK] をクリックします。
  10. マシン データ ソース] タブを選択し、[新規作成] をクリックします。管理者権限でログオンしていないことを示すメッセージが表示ことがあります。このメッセージが表示された場合は、 [ok]をクリックします。
  11. 最初のデータ ソースの新規作成画面では、ユーザー DSN を作成することが表示されます。[次へ] をクリックします。
  12. データ ソースの新規作成] ダイアログ ボックスで下方向にスクロール選択SQL Server ネイティブ クライアント 11.0*、[次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。
  13. 新規データ ソースのテキスト ボックスに任意の名前を割り当てます。
  14. Web アプリケーションの接続情報にアクセス サーバー] ボックスに表示されているサーバー名をコピーします。
  15. [次へ] をクリックし、ログイン Id と、ユーザーが入力したパスワードで SQL Server 認証を使用して、選択し、[次へ] をもう一度クリックします。
  16. Web 接続情報にアクセスでは、ログオン ID とユーザー名を入力し、web 接続情報からパスワードを入力します。その後、次へをクリックします。
  17. オプションを選択に既定のデータベースを変更:にコピー、または、データベースの名前を入力し、し、[次へ] をクリックします。
    注: ドロップ ダウン メニューをクリックしてしないでください。
  18. リンク、[次へ] をクリックするテーブルを選択し、[完了] をクリックします。
  19. [データ ソースのテスト] をクリックします。テストが正常に完了のメッセージが表示されます。[ OK] をクリックし、もう一度[ok]をクリックします。
アクセス アプリケーションでは、テーブルの一覧が表示されます。

ODBC ではオプションの一覧で SQL Server ネイティブ クライアント 11.0 が表示されない場合は、 Microsoft SQL Server 2012 SP1 機能パックのドライバーをインストールします。Sqlncli.msi のバージョンの Windows が 64 ビットである場合のインストール、x64 バージョンです。Sqlncli.msi のバージョンの Windows が 32 ビットである場合のインストール、x86 バージョンです。

アプリケーション データにアクセスする外部接続からの接続の詳細については、アクセスの web アプリケーションへの外部接続を作成する方法を参照してください。
アクセスのデスクトップ データベースにリンクされている SQL Azure データを保存します。
アクセスのデスクトップ データベースにリンクされている SQL Azure データを保存するには次の手順に従います。
  1. デスクトップ データベースには、SQL Azure でのアプリケーション データのアクセスにリンクされているでは、削除したデータを含むテーブルを選択します。
  2. テーブルを右クリックし、ローカル テーブルに変換します。
テーブルと (イメージ データ) を除くすべてのデータは、ローカルのデスクトップ データベースに保存されます。

注: SQL Server 2012 (またはそれ以降のバージョン) へのアクセスがあれば、イメージ以外のデータ アクセス アプリケーションの SQL Azure データベースからローカルの SQL Server にインポートするのには SQL Server のインポート/エクスポート機能を使用することができます。アクセス アプリケーションで接続情報を作成する前に説明した手順に従います。

データを削除します。
イメージ以外のデータをバックアップした後は、アクセス アプリケーションであるときに個別にレコードを削除することができます。ただし、アクセス アプリケーションでは、大規模なレコードの範囲を選択することはできません、のである可能性がありますいないサイズを小さくために必要な数のレコードを削除する可能性があります。レコードを削除するのには、デスクトップ データベース アクセスなどのクライアント アプリケーションから SQL Azure での Access アプリケーションのデータベースにリンクすることをお勧めします。

バックアップを作成し、イメージを復元する場合は、1-800-マイクロソフトの Microsoft サポートに問い合わせてください。

アクセスのデスクトップ データベースからリンクすると、レコードを個別に削除することができます。ただし、こと非常に時間がかかるプロセスでは、削除するレコードの範囲を選択した場合でも。レコードの大規模な範囲を削除するには、最速の方法は、デスクトップの Access データベースで SQL パススルー クエリを作成します。これを行う方法の詳細については、 Access で SQL パススルー クエリを作成する方法を参照してください。

2500000 と 3000000 の間でレコード Id になっているレコードの範囲を削除する SQL パススルー クエリの例は次のとおりです。
DELETEFROM Table1
WHERE ID Between 2500000 AND 3000000

プロパティ

文書番号:2849710 - 最終更新日: 2017/01/31 - リビジョン: 1

Microsoft Access 2013, Office Update Site

フィードバック