XAML ファイルをデザイナーで開くと System.IO.PathTooLongException 例外が発生する場合がある

適用対象: Visual Studio 2012 UltimateVisual Studio 2012 Premium

現象


Visual Studio 2012 を使用して Windows ストア アプリケーションを作成する際、XAML ファイルをデザイナーで開くと System.IO.PathTooLongException 例外が発生し、正しく開けない場合があります。

この現象が発生すると、デザイナーには次のようなエラー メッセージが表示されます。

PathTooLongException


原因


XAML ファイルをデザイナーで開くと、プロジェクトのディレクトリ構成を維持した状態の XAML ファイルが、ユーザー プロファイル以下 ShadowCache フォルダ配下にコピーされます

その際、コピーされた XAML ファイルへのパスの合計文字数が 260 文字の制限を超えると System.IO.PathTooLongException 例外によりエラーが発生します。

解決方法


ShadowCache フォルダ配下に作成される対象ファイルのパスの長さが 260 文字の制限を超えないように、Visual Studio 2012 のプロジェクトのフォルダ構成と XAML ファイル名の長さを調整します。

状況


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。