FIX「復号化キーが正しくありません」エラーが発生 SQL Server 2008、SQL Server 2012 または SQL Server 2008 R2 の非対称キーで暗号化された対称キーを開くとき

マイクロソフトは、1 つのダウンロード可能なファイルとして Microsoft SQL Server 2008の修正プログラムを配布します。修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。

現象

次のような状況を考えます。
  • Windows 8 または Windows Server 2012 を実行しているコンピューターに Microsoft SQL Server 2008、Microsoft SQL Server 2012 または Microsoft SQL Server 2008 R2 の非対称キーで暗号化された対称キーがあります。
  • 非対称キーを作成するには、拡張キー管理 (EKM) プロバイダーを使用します。
  • 暗号化された対称キーを開こうとするとします。
このシナリオでは、次のようなエラー メッセージが表示されます。
メッセージ 15273、レベル 16、状態 1、行 1、復号化キーが正しくないです。

原因

この問題は、Windows 8 または Windows Server 2012 でキーの長さをチェックする機能が含まれているために発生します。ただし、SQL Server は、対称キーの暗号化を解除するのには、正しくないデータ長を使用します。

解決策

問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。

SQL Server 2012 SP1 用の累積的な更新 6

SQL Server 用の累積的な更新プログラムのバージョン情報

SQL Server 2012 用の累積的な更新プログラム 9

この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム 9 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2012 の入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2867319関数形式は、SQL Server 2012 の 9 のパッケージを更新します。
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2012 で含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
2692828 SQL Server 2012 の「SQL Server 2012 のリリース後にリリースされたビルド

SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム 8

この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム 8 で最初にリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 の入手方法に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
8 2871401累積的な更新プログラム パッケージは、2008 年の R2 Service Pack 2
注: ビルドは累積的であるためは、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
2730301 SQL Server 2008 R2 の「SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 がリリースされた後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008 Service Pack 3 (SP3) 用の累積的な更新 12

この問題の修正プログラムは、SQL Server 2008 Service Pack 3 の累積的な更新プログラムの 12 で初めてリリースされました。詳細については SQL Server のこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法について、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2863205関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 3 の 12 のパッケージを更新します。
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
2629969 SQL Server 2008 SQL Server 2008 Service Pack 3 がリリースされた後にリリースされたビルドします。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

SQL Server の増分サービス モデルについては、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。
935897 「の増分サービス モデルは、SQL Server チームは、報告された問題に対する修正プログラムを提供
SQL Server の更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
Microsoft SQL Server ソフトウェアの822499の名前付けスキーマの更新プログラム パッケージ
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明
プロパティ

文書番号:2859713 - 最終更新日: 2017/01/31 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 3, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Web, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise Core

フィードバック