Dnscmd.exe を使用して Active Directory 統合 DNS ゾーンから情報を抽出する方法

概要

DNS (ドメイン ネーム システム) コンソールでは、DNS サービスを管理するグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) が改善されました。さらに、Windows 2000 Server にはいくつかの新しい設定ウィザードや、ネットワーク上の DNS サーバーおよびクライアントの管理とサポートを行うためのツールが含まれています。


DNS コンソールから実行可能なタスクの大部分は Dnscmd.exe コマンド ライン ツールを使用して実行することもできます。


完全なゾーンの出力は GUI を使用して作成することはできませんが、Dnscmd.exe を使用することにより作成することができます。

詳細

Dnscmd.exe ツールを使用する

DNS コンソールから実行可能なタスクの大部分は Dnscmd.exe コマンド ライン ツールを使用して実行することができます。たとえば、ゾーンやレコードの作成、削除、表示、およびサーバーとゾーンのプロパティのリセットを行うことができます。さらに、ゾーンの変更、ゾーンの再読み込み、ゾーンの更新、ファイルまたは Active Directory へのゾーンの再書き込み、ゾーンの一時停止と再開、キャッシュの消去、DNS サービスの停止と起動、および統計情報の表示など、日常的な管理処理を実行することができます。


さらに、Dnscmd.exe を使用してリモート管理のスクリプトを記述することもできます。Dnscmd.exe に関する詳細については、Windows サポート ツール ヘルプを参照してください。Windows 2000 サポート ツールおよびサポート ツール ヘルプのインストールと使用に関する詳細については、Windows 2000 CD-ROM の Support\Tools フォルダにある Sreadme.doc ファイルを参照してください。

Dnscmd.exe の構文

Dnscmd.exe の構文は以下のとおりです。
dnscmd サーバー名コマンド [コマンド パラメータ]
指定したゾーンのプロパティを取得するには、次のコマンドを使用します。
dnscmd サーバー名/zoneinfo ゾーン名
DNS ゾーン ファイルの形式で出力を作成するには、次のコマンドを使用します。
dnscmd サーバー名/enumrecords ゾーン名 ノード名 [オプション]
たとえば、DNS サーバーにローカルでログオンしている場合は、次のように入力します。
dnscmd . /enumrecords microsoft.com "@"
パイプ コマンド (> zonefile.txt) を使用することにより、出力をファイルに直接書き込みます。Dnscmd.exe に関する詳細を表示するには、次のように入力します。
dnscmd /?
特定のコマンドに関するヘルプを表示するには、次のように入力します。
dnscmd コマンド名/?

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 286041 (最終更新日 2002-10-11) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:286041 - 最終更新日: 2003/07/29 - リビジョン: 1

フィードバック