感度が有効になっている場合に、Windows オペレーティング システムでは、SQL Server はサポートされていません

概要

感度が有効になっている場合に、Windows オペレーティング システムでは、Microsoft SQL Server はサポートされていません。

詳細

無効にするか、次のレジストリ キーを使用して Windows カーネル大文字小文字の区別を有効にします。

HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\kernel DWORD "obcaseinsensitive"

SQL Server は、このキーの 1 (1) の Windows の既定値に依存しています。

注: このキーは、SQL Server がインストールされているシステムでは、0 (ゼロ) に設定されて、するとすぐにキーを 1 に設定の操作はこの SQL Server のテスト シナリオではありません。さらに、この動作はサポートされていません。したがって、このキーが変更されていないサーバー上の SQL Server のクリーンな再インストールをお勧めします。

詳細については、ファイルとフォルダー名の大文字小文字の区別を構成する方法を参照してください。
プロパティ

文書番号:2860895 - 最終更新日: 2017/01/31 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2008 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2008 Community Technology Preview, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Evaluation, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 Integration Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 Standard

フィードバック