Access 2002 およびそれ以降のバージョンの Access の予約語の一覧


難易度 : 低。シングル ユーザー コンピュータのユーザー インターフェイスに関する知識が必要です。



この資料は Microsoft Access データベース (.mdb) および Microsoft Access プロジェクト (.adp) について記述したものです。



Microsoft Access 2000 については、次の資料を参照してください。209187

概要


この資料は、Microsoft Access 2002 およびそれ以降のバージョンの Access の "予約語" であるため、フィールド、オブジェクト、変数名に使用できない語句および記号の一覧を掲載しています。予約語は、Access または Microsoft Jet データベース エンジンで特別な意味を持ちます。予約された語や記号を使用すると、次のようなエラーが表示されることがあります。

指定したレポートをプレビューできません。他のユーザーがソース テーブルを排他モードで開いている可能性があります。

Access 2007 で DATE、VALUE、NAME、TEXT、Year などの予約語を使用すると、次のメッセージが表示されることがあります。

指定した名前は予約語です。予約語は Microsoft Office Access または Microsoft Office Access データベース エンジンで特定の意味を持ちます。
予約語を含む既存のオブジェクトについては、オブジェクト名を角かっこ ([ ]) で囲むことによりエラーを回避できます。

詳細


組み込み関数名や Microsoft Access のユーザー定義名など、すべての予約語を挙げるのは事実上不可能なため、掲載を控えます。ここに含まれない予約語については、製品マニュアルで確認してください。タイプ ライブラリ、オブジェクト ライブラリ、または ActiveX コントロールに参照を設定すると、そのライブラリの予約語はデータベース上でも予約語となります。たとえば、フォームに ActiveX コントロールを追加した場合、参照が設定され、そのコントロールのオブジェクト名、メソッド名、コントロールのプロパティは、データベースでも予約語となります。




-A
ADD
ALL
Alphanumeric
ALTER
AND
ANY
Application
AS
ASC
Assistant
AUTOINCREMENT
Avg
-B
BETWEEN
BINARY
BIT
BOOLEAN
BY
BYTE
-C
CHAR, CHARACTER
COLUMN
CompactDatabase
CONSTRAINT
Container
Count
COUNTER
CREATE
CreateDatabase
CreateField
CreateGroup
CreateIndex
CreateObject
CreateProperty
CreateRelation
CreateTableDef
CreateUser
CreateWorkspace
CURRENCY
CurrentUser
-D
DATABASE
DATE
DATETIME
Del
DESC
Description
DISALLOW
DISTINCT
DISTINCTROW
Document
DOUBLE
DROP
-E
Echo
Else
End
Eqv
Error
EXISTS
Exit
-F
FALSE
Field、Fields
FillCache
FLOAT、FLOAT4、FLOAT8
FOREIGN
Form、Forms
FROM
Full
FUNCTION
-G
GENERAL
GetObject
GetOption
GotoPage
GROUP
GROUP BY
GUID
-H
HAVING
-I
Idle
IEEEDOUBLE、IEEESINGLE
If
IGNORE
Imp
IN
INDEX
Index、Indexes
INNER
INSERT
InsertText
INT、INTEGER、INTEGER1、INTEGER2、INTEGER4
INTO
IS
-J
JOIN
-K
KEY
-L
LastModified
LEFT
Level
Like
LOGICAL、LOGICAL1
LONG、LONGBINARY、LONGTEXT

-M
Macro
Match
Max、Min、Mod
MEMO
Module
MONEY
Move
-N
NAME
NewPassword
NO
Not
Note
NULL
NUMBER、NUMERIC
-O
Object
OLEOBJECT
OFF
ON
OpenRecordset
OPTION
OR
ORDER
Orientation
Outer
OWNERACCESS
-P
Parameter
PARAMETERS
Partial
PERCENT
PIVOT
PRIMARY
PROCEDURE
Property
-Q
Queries
Query
Quit
-R
REAL
Recalc
Recordset
REFERENCES
Refresh
RefreshLink
RegisterDatabase
Relation
Repaint
RepairDatabase
Report
Reports
Requery
RIGHT
-S
SCREEN
SECTION
SELECT
SET
SetFocus
SetOption
SHORT
SINGLE
SMALLINT
SOME
SQL
StDev、StDevP
STRING
Sum
-T
TABLE
TableDef、TableDefs
TableID
TEXT
TIME、TIMESTAMP
TOP
TRANSFORM
TRUE
Type
-U
UNION
UNIQUE
UPDATE
USER
-V
VALUE
VALUES
Var、VarP
VARBINARY、VARCHAR
VERSION
-W
WHERE
WITH
Workspace
-X
Xor
-Y
Year
YES
YESNO
フィールド名またはオブジェクト名の一部に、次の記号を使用することはできません。


.
/
*
;
:
!
#
&
-
?
"
'
$