Internet Explorer 10 でユーザー アカウント名に特定の日本語文字を使用していると、Cookie が利用できない


現象


Windows にログオンするためのユーザー アカウント名として日本語を使用していると、Cookie を利用している Web サイトにおいて、以下のような問題が発生する場合があります。

サインインの情報を保持するために Cookie を利用している場合:
  1. Internet Explorer 10 (以下 IE10) を起動して、サインインが必要な Web サイトにアクセスします。
  2. ユーザー名とパスワードを入力し、[サインインしたままにする] のチェックをオンにしてサインインします。 
  3. サインアウトせずに IE10 を終了します。
  4. 再度 IE10 を起動して、同じ Web サイトにアクセスします。
  5. サインインしたままにならず、サインインを指示するページが表示されてしまいます。


契約内容や提供サービスを特定するために Cookie を利用している場合:
  1. IE10 を起動して、Web サイトにアクセスします。
  2. Web サイトに最初にアクセスした際には、ユーザー情報といっしょに Web サイトに接続する機器を特定する情報や次回アクセス以降に利用するサービスの選択情報を設定を求められるので、必要な情報を設定します。
  3. 設定が済んだら、IE10 を終了します。
  4. 再度 IE10 を起動して、同じ Web サイトにアクセスします。
  5. 設定した情報が有効にならず、最初にアクセスしたときと同じページが表示されてしまいます。


原因


この現象は、ユーザー アカウント名に特定の文字を使用しているために発生します。

サインイン時や情報の設定時、Web サイトは、ユーザー認証情報を継続して利用できるようにするため、ブラウザーに対して Cookie を送り返します。IE10 では、受け取った Cookie をファイルに保存し、プロセスを終了してもこの Cookie を利用し続けられるようにしますが、ユーザー アカウント名に特定の文字が含まれていると、ファイルを保存、参照するためのパスが正しく処理されず、保存した Cookie を新しいプロセスで使用できません。

解決方法


ユーザー アカウント名に日本語文字を使用している場合には、ひらがなに差し替えるなど、別の文字を使用してください。


状況


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。