Office 2007 または Office 2010 クライアント環境に、Office 2013 アプリケーションを単体でインストールした場合、 SharePoint Server 2013 上の Office ファイルが開けなくなる。

現象

Office 2007 または Office 2010 クライアント環境に、Office 2013 アプリケーションを単体でインストールした場合、インストールされていない Office 2013 アプリケーションのファイルを SharePoint 2013 上から開くと、以下のエラーが表示されることがあります。

この Web ページは表示できません

可能性のある原因:

このWebページのコンテンツまたはファイルを表示するには、現在このコンピューターにインストールされていないプログラムが必要です。"


以下のシナリオを考えます

1. クライアント コンピュータに Office 2010 パッケージをインストールします
2. PowerPoint 2013 を Microsoft SharePoint Foundationサポートの機能とともにクライアント コンピュータにインストールします
3. ドキュメント ライブラリ上の Word ファイルをクライアントコンピュータから開きます
4. エラーが表示され、ファイルを開くことができません

本事象は下記の Office 2013 製品をインストールした場合にも発生します。

・Microsoft SharePoint Designer 2013
・Microsoft Visio 2013
・Microsoft Project 2013

原因

SharePoint Server 2013 上の Office ファイルをクリックした場合、Microsoft Office に含まれる Microsoft SharePoint Foundationサポートの機能を利用してクライアント アプリケーションで開きます。Microsoft Office 2013 では、Microsoft SharePoint Foundation サポートの機能の動作が変更されており、Microsoft Office 2007 や Microsoft Office 2010 が SharePoint Server 2013 上の Office ファイルを開く動作と異なります。

そのため、上記のシナリオにあるような混在環境で Microsoft Office 2013 に含まれないアプリケーションのファイルを SharePoint 2013 上から開いた場合、互換性の問題により Office ファイルを開くことができない現象が発生します。

解決方法

以下のいずれかの操作を行うことにより、対処することが可能です。

1). Office 2013 クライアントの必要なアプリケーションをインストールする

2). シナリオにあるような Office 2013 アプリケーションを単体でインストールする必要がある場合、Office 2010 Service Pack 2 をインストールする
Office 2010 Service Pack 2 は、Microsoft Update もしくは以下のサポート技術情報からダウンロードすることができます。

Description of Office 2010 SP2
http://support.microsoft.com/kb/2687455

Office 2007 では、互換性の問題に対する修正が提供されていないため、回避策にある手順を実施します。

回避策

この問題を回避するには Microsoft Office 2013 の Microsoft SharePoint Foundation サポートをアンインストールした後、Microsoft Office 2007を修復インストールします。
対処策にある Microsoft Office 2010 Service Pack 2 の適用を実施しない場合、Microsoft Office 2007 と同様に以下の手順を実施します。

1. [コントロールパネル] - [プログラムと機能] - [プログラムのアンインストール] を選択します。

2. Microsoft Office 2013 を選択し、右クリックで [変更] を選択します。

3. Microsoft Office 2013 のインストールダイアログが表示されますので [機能の追加 / 削除] を選択します。

4. [Microsoft SharePoint Foundation Service サポート] を選択しプルダウンメニューから [インストールしない] を選択します。

5. [続行] を選択し、アンインストールを実行します。

6. アンインストール完了後、[閉じる] を選択します。

7. クライアント コンピューターを再起動します。

8. クライアント コンピューターを再起動後、[コントロールパネル] - [プログラムと機能] - [プログラムのアンインストール] を選択します。

9. Microsoft Office 2007 もしくは Microsoft Office 2010 を選択後、右クリックし [修復]を選択します。

10. [続行」を選択し、[修復] を実行します。

11. 修復完了後、[閉じる]を選択します。

12. クライアント コンピューターを再起動します。

13. クライアント コンピューターを再起動後、[コントロールパネル] - [プログラムと機能] - [プログラムのアンインストール] を選択します。

14. Microsoft Office 2013 を選択し、右クリックで [変更] を選択します。

15. Microsoft Office 2013 のインストールダイアログが表示されますので [修復] を選択します。

16. [続行] を選択し、修復を実行します。

17. 修復完了後、[閉じる] を選択します。

18. クライアント コンピューターを再起動します。




Microsoft Office 2007 もしくは Microsoft Office 2010 上に、Microsoft SharePoint Designer 2013 のみをインストールしている場合、以下のレジストリ キーを削除します。

重要 : このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを編集する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしておくと、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

1.   [ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに [Regedit.exe] と入力し、[OK] をクリックします。

2.   次のレジストリ キーを見つけて、クリックします。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Sharepoint.OpenDocuments.5

3.   レジストリ キーを右クリックし、[削除] をクリックします。

4.   レジストリ エディターを終了します。


状況

この問題は、Microsoft Office 2010 Service Pack 2 で修正済みです。

詳細

クイック実行版の   Microsoft Office 2013 は機能ごとのアンインストールができないため、回避策は適用できません。
プロパティ

文書番号:2874782 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

Microsoft SharePoint Foundation 2013, Microsoft SharePoint Designer 2013, Microsoft Office Professional 2013, Microsoft Office Professional 2010, Microsoft Office Professional 2007, Microsoft Project 2013 Professional, Microsoft Visio Professional 2013

フィードバック