Microsoft Office for Mac 2011 14.3.7 更新プログラムについて

はじめに

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS13-073 を公開しました。このセキュリティ情報には、Microsoft Office for Mac 2011 用のセキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。この資料に記載されているアプリケーションの改善点以外にも、Office for Mac 2011 はサブスクリプション サービスとしても提供されるようになりました。サブスクライブする方法の詳細については、よく寄せられる質問を参照してください。

この更新プログラムには、Office for Mac 2011 に対する最新の修正プログラムが含まれています。修正内容は以下のとおりです。
  • Microsoft PowerPoint for Mac で SharePoint からファイルを開いてチェックアウトする操作が改善されました
    この更新プログラムを適用すると、SharePoint サイトから Office ドキュメントを開こうとするときに Mac Office をクラッシュさせることがある問題が修正されます。
  • Microsoft Excel for Mac でのお客様のスプレッドシートへのアクセスが改善されました
    この更新プログラムを適用すると、ファイルに複数のドロップダウン マクロが含まれる場合に、Excel をランダムにクラッシュさせる問題が修正されます。
  • Outlook for Mac でスクリーン リーダー ソフトウェアを使用したメッセージの閲覧が改善されました
    この更新プログラムを適用すると、ナビゲーション ウィンドウとメッセージ リストの一部の情報がスクリーン リーダー ソフトウェアで読み取られなくなる問題が修正されます。
  • Outlook for Mac の [表示] メニューに項目の並べ替え順が追加されました
    この更新プログラムには、[表示] メニューから Outlook 項目リストの Outlook の項目の並べ替え順を変更できるようにする機能が含まれています。メニュー項目は、[並べ替え] サブメニューにあります。
  • Outlook for Mac のウィンドウ ナビゲーション機能が追加されました
    この更新プログラムには、[表示] メニュー、"前のウィンドウ" キーボード ショートカット、および "次のウィンドウ" キーボード ショートカットを使用して、ナビゲーション ウィンドウ、閲覧ウィンドウ、および Outlook 項目リストをすばやく移動できるようにする機能が含まれています。
  • Outlook for Mac でスクリーン リーダーを使用したメッセージ/会議の表示/作成が改善されました
    この更新プログラムを適用すると、一部のメッセージと会議の情報がスクリーン リーダー ソフトウェアで読み取られなくなる問題が修正されます。
  • Outlook for Mac の連絡先検索のパネルが改善されました
    この更新プログラムを適用すると、検索結果に関する操作ボタンがキーボードでアクセスできなくなる問題が修正されます。
  • Outlook for Mac の [書式] メニューに "画像の挿入" コマンドが追加されました
    この更新プログラムには、[書式] メニューから Outlook の項目に画像を挿入できるようにする機能が含まれています。
  • Outlook for Mac でスクリーン リーダー ソフトウェアを使用して会議出席者の空き時間情報を閲覧する機能が改善されました
    この更新プログラムを適用すると、スケジュール アシスタントの空き時間情報がスクリーン リーダー ソフトウェアで読み取られなくなる問題が修正されます。
  • Outlook for Mac でスクリーン リーダー ソフトウェアを使用してアカウントを追加および編集する機能が改善されました
    この更新プログラムを適用すると、一部のアカウント情報がスクリーン リーダー ソフトウェアで読み取られなくなる問題が修正されます。

必要条件

Office for Mac 2011 14.3.7 更新プログラムをインストールする前に、コンピューターに Office for Mac 2011 14.1.0 またはそれ以降のバージョンがインストールされていることを確認します。また、コンピューターに Mac OS X 10.5.8 またはそれ以降のバージョンの Mac OS X オペレーティング システムが搭載されていることも確認します。

コンピューターがこの必要条件を満たしていることを確認するには、アップル メニューの [この Mac について] をクリックします。

コンピューターに Office for Mac 2011 14.1.0 がインストールされていることを確認するには、以下の手順を実行します。

  1. [移動] メニューの [アプリケーション] をクリックします。
  2. Microsoft Office 2011 フォルダーを開き、いずれかの Office アプリケーションを起動します (たとえば、Microsoft Word を起動します)。
  3. アプリケーション メニューの [<アプリケーション名> について] をクリックします。
  4. [<アプリケーション名> について] ダイアログ ボックスで、ダイアログ ボックスに表示されているバージョン番号を確認します。バージョン番号は 14.1.0 またはそれ以降である必要があります。

更新プログラムの入手方法

Microsoft ダウンロード センターから以下のファイルをダウンロードします。

ダウンロード Microsoft Office for Mac 14.3.7 更新プログラム パッケージ

リリース日: 2013 年 9 月 10 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

更新されたファイル

この更新プログラムによって追加または変更されるファイルの完全な一覧を参照するには、更新プログラム インストーラーをダブルクリックし、[ファイル] メニューの [ファイルを表示] をクリックします。

注意事項

  • Office for Mac 14.3.7 更新プログラムは、Microsoft AutoUpdate を使用して入手することもできます。AutoUpdate は、マイクロソフトのソフトウェアを自動的に最新の状態に保つためのプログラムです。

    AutoUpdate を使用するには、Microsoft Office プログラムを起動し、[ヘルプ] メニューの [更新プログラムのチェック] をクリックします。

    Office for Mac 2011 のリソースの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:2877813 - 最終更新日: 2013/09/13 - リビジョン: 1

Microsoft Office for Mac Academic 2011, Microsoft Office for Mac Home and Business 2011, Microsoft Office for Mac Home and Business 2011 Home Use Program, Microsoft Office for Mac Home and Student 2011, Microsoft Office for Mac 2011 Standard Edition, Microsoft Excel 2011 for Mac, Microsoft Lync for Mac 2011, Microsoft Outlook 2011 for Mac, Microsoft PowerPoint 2011 for Mac, Microsoft Word 2011 for Mac

フィードバック