Microsoft Query 2010 および Microsoft Query 2013 でテーブルが削除できない

現象

Microsoft Query 2010 および Microsoft Query 2013 の [テーブルの選択] 画面から、テーブルを削除できません。

原因

Microsoft Query 2010 および Microsoft Query 2013 が生成する SQL 文が正しくないために発生します。

回避策

以下のいずれかの方法で対応してください。

方法 1 : [ファイル] - [SQL の実行] から、DROP TABLE 文を記述して実行する

方法 2 : Microsoft SQL Server Management Studio 等のデータベース管理ツールを使用する

方法 3 : Office 2007 以前の環境の Microsoft Query を利用する

状況

マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

詳細

ここでは Microsoft Query 2010 の手順を例に説明します。

問題の再現手順
  1. Office 2010 のインストールフォルダ (既定では "C:\Program Files\Microsoft Office\Office14") にある「MSQRY32.EXE」をダブルクリックで実行します。
  2. [ファイル] - [テーブルの定義] をクリックします。
  3. データベース (例えば SQL Server) を選択して [OK] をクリックします。
  4. 削除したいテーブルを選択して、[削除] をクリックします。
  5. 「テーブル <テーブル名> を削除しますか?」で [はい] をクリックします。
結果
以下のメッセージが表示されて、テーブルを削除することが出来ません。


不明なオブジェクトの種類 'テーブル' が CREATE、DROP、または ALTER ステートメントで使用されています。

プロパティ

文書番号:2881607 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック