Word 2013 の互換モードで文書を開き [文書をレイアウトするときにプリンターの設定に従う] オプションを有効にすると表のセルの幅や高さが変更される

現象

Microsoft Word 2013 で互換モードで文書を開き [文書をレイアウトするときにプリンターの設定に従う] オプションを有効に設定すると、表に文字を入力したり改行すると、表のセルの幅や高さが変更されます。

回避策

以下のいずれかの方法で回避してください。


方法 1.  表を選択し、[表のプロパティ]-[表]-[オプション] から、[自動的にセルのサイズを変更する] オプションを [無効] に設定する。

方法 2.  [ファイル]-[オプション]-[詳細設定]-[互換性オプションの適用先: <文書名(互換モード).docx>] から [文書をレイアウトするときにプリンターの設定に従う] オプションを [無効] に設定する。

方法 3.  [文書をレイアウトするときにプリンターの設定に従う] オプションを無効に設定するマクロを実行する。

ActiveDocument.Compatibility(wdUsePrinterMetrics) = False

状況

マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

詳細

問題の再現手順:

  1. Word 2013 を起動します。
  2. [挿入]-[表]-[表 (3 行 x 3 列)] を挿入します。
  3. [ファイル]-[名前を付けて保存]-[コンピューター]-[参照] をクリックします。
  4. 任意の保存先フォルダを選択し、任意のファイル名を入力します。
    [ファイルの種類] では Word 97-2003 文書 (*.doc) を選択します。
  5. [保存] をクリックします。ここでは、例としてサンプル.doc として保存します。
  6. 一度、Word を終了します。
  7. Word 2013 を起動し、[ファイル]-[開く] を選択し、保存したサンプル.doc を開きます。
  8. [ファイル]-[オプション]-[詳細設定]-[互換性オプションの適用先: <文書名(互換モード).docx>] から、[文書をレイアウトするときにプリンターの設定に従う] オプションを [有効] に設定します。
  9. [OK] をクリックします。
  10. 1 行目 2 列目のセルに、あいう と入力し改行します。
  11. 1 行目 2 列目のセルに、かきく と入力します。

結果:

1 行目 2 列目のセルに、"き" を入力するために k を入力すると、セルの幅が広がり、i を入力すると、セルの幅が元に戻ります。
再現前
現象再現
また、"く" を入力するために、k を入力すると、セルの幅が広がり、u を入力すると、セルの幅が元に戻ります。

再現2

補足:

Word 2003/Word 2007/Word 2010 で作成した Word 文書 (*.docx) と、Word 2013 以前で作成した Word 97-2003 文書 (*.doc) を、Word 2013 で開くと互換モードでファイルが開かれます。この時、[ファイル]-[オプション]-[詳細設定]-[互換性オプションの適用先: <文書名(互換モード).docx>] から、[文書をレイアウトするときにプリンターの設定に従う] オプションを [有効] に設定すると現象が発生します。

関連情報

288792 Word 2003、Word 2002、Word 2000 の [オプション] ダイアログ ボックスで使用できる互換性オプションについて
プロパティ

文書番号:2881947 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック