Internet Explorer for Windows Embedded Compact 7 の表示の問題について

現象

Internet Explorer for Windows Embedded Compact 7 (以降 Internet Explorer と表記します。) の表示において、次のような問題が確認されております。

(1) テキスト タグの一部が無視されます。無視されるタグは下記となります。
<B> ・・・太字
<I> ・・・斜体
<STRONG> ・・・強調
<EM> ・・・強調

(2) 無条件で ClearType での表示が有効となります。 ActiveX 内の表示は ClearType が無効となっており、表示が統一されていません。

(3) 一部の全角文字が正しく表示されず □ となってしまいます。

画面スクロール中は上記の現象は発生しません。
・テキスト タグは正しく機能します。
・Clear Type での表示は行われません。
・文字化けは発生いたしません。

原因

本現象はテキスト表示機能を向上させる目的で Internet Explorer で新規に追加された ClearType ラスタライゼーションの問題により発生しています。
ClearType ラスタライゼーションではフォント ファイル内の情報に基づいた描画を行っておりますが、その処理において特定のフォントに依存した処理を行っています。

解決方法

新規で追加された ClearType ラスタライゼーション機能を無効とすることにより、現象を回避することができます。
以下のレジストリをセットしてください。
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\SPP]
"EnableSPP"=dword:00000000

このレジストリは Internet Explorer 起動時に読み込まれます。
そのため、一旦 Internet Explorer を終了し、 レジストリを設定した後に再度起動する必要があります。


プロパティ

文書番号:2884845 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

Windows Embedded Compact 7

フィードバック