Office 2010 Service Pack 2 を適用すると、GUI 上からの MAK 認証に失敗する

現象

Office 2010 Service Pack 2 適用後にユーザー権限で Office アプリケーションを起動してライセンス認証のダイアログで [次へ] をクリックすると、以下のエラーが発生します。

不明なエラーが発生しました。現在、要求を処理することができません。しばらくしてから再実行してください。(0x80070190)

  • Office 2010 Service Pack 2 適用前にライセンス認証を行っている場合は発生しません。
  • Office 2010 に MAK キーを指定している場合に発生します。KMS を使用している場合は発生しません。



原因

Office 2010 Service Pack 2 の適用により発生する問題です。


解決方法

Office 2010 Service Pack 2 適用前または適用後で、以下のいずれかの方法で対応してください。

方法 1. 管理者権限でコマンド プロンプトを起動して以下のコマンドを実行します。

 cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office14\OSPP.vbs" /act
Notes:
Windows 7 64 ビット版に Office 2010 32 ビット版をインストールされている場合には、パスを以下の通り変更して実行して下さい。

  変更前 : C:\Program Files
  変更後 : C:\Program Files (x86)


方法 2. 管理者権限で Office アプリケーションを起動してライセンス認証を行います。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報


OSPP のコマンドについては以下をご覧ください。

Office 2010 でクライアント コンピューターを構成するためのツール
プロパティ

文書番号:2890532 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

Microsoft Office 2010 Service Pack 2, Microsoft Office 2010 Service Pack 1

フィードバック