Windows 8.1 の移動ユーザー プロファイルと Windows の以前のバージョンに互換性がないです。

現象

Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 での移動ユーザー プロファイルでは、Windows の以前のバージョンでの移動ユーザー プロファイルと互換性があります。

ユーザープロファイルは、次のクライアントとサーバー間の組み合わせのみ互換性があります。
  • Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2
  • Windows 8 およびWindows Server 2012
  • Windows 7 および Windows Server 2008 R2
  • Windows Vista および WIndows Server 2008
注: クライアントのオペレーティング システムは、この資料で参照されて、同じ問題は、対応するサーバー オペレーティング システムに適用されます。

たとえば、移動プロファイルを使っていて、移動元または既定のプロファイルが Windows 7 で、移動先が Windows 8.1 の環境に展開しようとすると、次のような現象が発生します。
  • 既存の Windows 7 のプロファイルを持つユーザー アカウントを、Windows 8.1 のコンピューターに初めてログオンして使用すると、Windows 8.1 コンポーネントが読み取り、変更のみ可能な状態のプロファイルになる。
  • プロファイルのが状態が予期しない状態のため、Windows 8.1 の一部の機能は期待どおり動作しない可能性があります。
  • Windows 7 ベースのコンピューターへのログオンに同じユーザー アカウントを使用しようとすると、Windows 7 で正常に Windows 8.1 で実行されたユーザー プロファイルの変更が動作しない可能性があります。
プロファイルが Windows のバージョン間で異なる方法で使用される値が格納されるため、問題が発生します。ユーザー プロファイルには、オペレーティング ・ システムで想定し、別のオペレーティング システムのバージョンで設定されている予期しない値が含まれている可能性があります既定のプロファイルの構成情報が不足しているされます。したがって、オペレーティング システムが正常に動作しません。さらに、ユーザー プロファイルが壊れている可能性があります。

注:
  • 特定のバージョンの Windows で作成された移動プロファイル等は、別のバージョンの Windows から分離する必要があります。
  • Windows 8 でこの問題の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
    移動ユーザー プロファイルと移動プロファイルを他のバージョンの Windows で Windows 8 の間の2887239の非互換性

解決策

更新プログラムの情報

この問題を防ぐためには、ローミングを展開する前に、必須ですが、スーパーの必須、またはドメインの既定のプロファイル、ユーザーを使用する以前のバージョンの Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 のほかのオペレーティング システム環境で以下の手順。
  1. 2887595 更新プログラムのロールアップをインストールします。この更新プログラムのロールアップ パッケージを入手する方法の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    2887595 Windows RT 8.1、Windows 8.1 では、Windows Server 2012 R2 更新プログラムのロールアップ: 2013年 11 月
  2. 「レジストリ情報」セクションに記載されている手順に従って、新しいレジストリ エントリを作成します。
  3. コンピューターを再起動します。
 注: 移動ユーザー プロファイルが破損している場合は、問題を解決するのにはこの更新プログラムを使うことはできません。プロファイルの破損からの回復には、移動ユーザー プロファイルをバックアップから復元します。

レジストリ情報

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756の方法をバックアップし、Windows のレジストリを復元するには
この更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する前にレジストリ キーを作成する必要があります。
  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします。または、マウスを使用している場合は、画面の右下隅をポイントして、[検索] をクリックします。
  2. 検索ボックスで、 regeditを入力して] をタップし、または [ regedit] をクリックします。
    UAC 管理者のパスワードを入力するプロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。確認メッセージが表示されたら、確認を提供します。
  3. 探し、タップし、次のレジストリ サブキーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlset\Services\ProfSvc\Parameters
  4. [編集] メニューの [新規作成] をポイントや] をタップし、[ DWORD 値] をクリックします。
  5. 型のUseProfilePathExtensionVersionです。
  6. キーを押しますと保持UseProfilePathExtensionVersionを右クリックし] をタップし、または変更] をクリックします。
  7. [値データ] ボックスで、 1を入力しての順にタップまたは [ OK] をクリックします。
  8. レジストリ エディターを終了します。
UseProfilePathExtensionVersionレジストリ エントリを構成した後は、コンピューターを再起動する必要です。Windows 8.1 ユーザー プロファイルを作成し、区別するために、Windows 7 では、プロファイルのバージョン 2 およびバージョン 3 では、Windows 8 のプロファイルのプロファイルのフォルダー名に".v4"というサフィックスが付加されます。いる 8.1 ベースのコンピューターの更新プログラムのロールアップがインストールされている 2887595、 UseProfilePathExtensionVersionレジストリ エントリが構成されている windows プロファイルのバージョン 4 を使用します。

注:
  • この機能を無効にするには、 UseProfilePathExtensionVersionレジストリ エントリの値を0に設定します。ただし、続行すると、他のオペレーティング システムと Windows 8.1 を搭載するコンピューターからの移動ユーザー プロファイルを混在させる場合に、ユーザー プロファイルの破損が発生します。
  • グループ ポリシー基本設定 (GPP) コンピューターの構成のレジストリ基本設定項目を使用すると、複数のコンピューターでレジストリ キーを設定します。詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
  • 安全に、すべてのオペレーティング システムにこの更新プログラムを適用できます。これらの種類のプロファイルが使用されていない場合、レジストリの設定は無視されます。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

移動ユーザー プロファイルを展開する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明
プロパティ

文書番号:2890783 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Windows 8.1, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows Server 2012 R2 Standard

フィードバック