SQL Server 2008 SP3 の累積的な更新プログラム パッケージ 14

累積的な更新プログラム パッケージ 14 がこの資料で説明 (ビルド番号: 10.00.5848.00) の Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 3 (SP3)。この更新プログラムには、SQL Server 2008 SP3 のリリース後に修正された問題に対する修正プログラムが含まれています。

この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法

「修正プログラム ダウンロード利用可能な」このサポート技術情報の記事の上部にあるをクリックします。"修正プログラムの要求] ページが表示されない場合マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新パッケージを入手するにお問い合わせください。

この累積的な更新プログラム パッケージに含まれている修正プログラム

VSTS バグ番号サポート技術情報番号説明
15177182591461SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 でフルテキスト検索クエリを実行すると、FIX「SE の ole DB インターフェイスから予期しないエラー」エラーが発生
14806502884888修正: [ok] をクリックするか、入札価格の 2008 年または SQL Server 2008 レポート ビルダーでは、クエリ デザイナーで [キャンセルできません。
14947262887465修正: SQL Server 2008 のいくつかのランキング関数を使用するクエリを実行するときに誤った結果が表示されます。
15163492889492Windows 8.1 では、SQL Server 分析サービスのプロパティ] ダイアログ ボックスを開くことはできません。
15606262892741修正: をパーティション分割されたテーブルに対して実行するクエリ結果を返しますが正しくない SQL Server 2008 で
15968752901479修正: 障害が発生したクエリ SSAS 2008 で MDX クエリを実行する場合

この更新プログラムのメモ

インストールと導入

  • それらを本番環境に展開する前に、修正プログラムをテストすることをお勧めします。
  • この累積的なパッケージは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。これらの問題が発生しているシステムにのみ適用します。このパッケージに更新プログラムは、今後さらにテストを行うことがあります。したがって、これらの問題のいずれかで大きな障害が発生していない場合をお勧めまで待つこと
    次の SQL Server 2008 service packをこのパッケージに修正プログラムが含まれています。

累積的な更新

ビルドは累積的であるため、新しく更新プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ更新プログラムがリリースを更新します。適用することを検討することをお勧めします。
最新の更新プログラムのリリースです。

言語のサポート
コンポーネントを更新
この更新プログラムのサポート
この更新プログラムをアンインストールする方法

累積的な更新パッケージの情報

必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、SQL Server 2008 SP3 を実行する必要があります。

再起動に関する情報

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後にコンピューターを再起動する必要があります。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムのいずれを使用するにも、レジストリに変更を加える必要はありません。
累積的な更新パッケージ ファイル情報
プロパティ

文書番号:2893410 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 3, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Web, Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services

フィードバック