Office プログラムが重大なエラーが発生し、終了する場合、エラー署名を表示する方法

はじめに

Microsoft Office プログラムは、重大なエラーが発生し、終了場合、コンピューターは、発生したエラーを説明するエラー署名を記録します。この資料では、これらのエラー署名を表示する方法について説明します。

詳細

エラー署名には、プログラム名、エラー名、モジュール名は、Microsoft を使用してさらに開発し、マイクロソフト製品を強化するなどの情報が含まれています。

インターネット接続があれば、Office アプリケーションのエラー報告ツールを使用してこの情報をマイクロソフトに直接送信できます。この情報を報告する場合は、問題の解決策があるし、場合は、その情報を送信するかどうかを確認します。

Office アプリケーションのエラー報告ツールを使用しないようにする場合は、マイクロソフト サポート技術情報を直接検索するエラー署名の情報を使用ことができます。

プログラムが応答を停止した後は、お使いのコンピューターでエラー署名を検索するには、オペレーティング システムの適切なメソッドを使用します。

Microsoft Windows 2000、Windows XP、および Microsoft Windows Server 2003 で

イベント ビューアーには、エラー署名が含まれています。イベント ビューアーを使用するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンし、設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [管理ツール] をダブルクリックし、[イベント ビューアー] をダブルクリックします。
  3. イベント ビューアーで、[ツリー ] タブで [アプリケーション ログ] アイコンをクリックします。
  4. ログを表示するには、変換元列を格納している Microsoft Office 10 Microsoft Office XP または Microsoft Office 2003年用の Microsoft Office の 11 の右側のウィンドウで任意のエントリをダブルクリックします。
  5. 詳細についてはイベント ビューアーを使用して、[操作] メニューの [ヘルプ] をクリックする方法です。

Microsoft Windows NT 4.0 (SP6) で

  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、管理ツール (共通)] をポイントし、[イベント ビューアー] をクリックします。
  2. イベント ビューアーでは、[ログ] メニューのアプリケーションのイベントを表示するのには [アプリケーション] をクリックします。
  3. 詳細についてはイベント ビューアーを使用して、[操作] メニューの [ヘルプ] をクリックする方法です。

Microsoft Windows 98 または Windows Millennium Edition (Me)

エラー署名は、影響を受けるプログラムの [ヘルプ] メニューに表示されます。
  1. [ヘルプ] メニューで、マイクロソフトのプログラム名をクリックします。
  2. [システム情報] をクリックし、フォルダー ツリーで、 Office 10 アプリケーション] をダブルクリックします。
  3. Office イベントまたはアプリケーション エラーフォルダーをクリックします。

    エラー ログは、右側のペインに表示されます。
DW.log ファイルでこの情報を参照することもできます。

関連情報

詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術資料を参照してください。

アプリケーションのエラー報告の Office を使用する場合のエンド ・ ユーザーのプライバシー ポリシーの説明を283768

プロパティ

文書番号:289508 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

フィードバック