デバッグ診断ツールのバージョン 2.0 が可能になりました

適用対象: Internet Information Services 8.0

詳細


DebugDiagツールでは、ハングする、パフォーマンスの低下、メモリ リークまたはメモリの断片化などの問題のトラブルシューティングに役立つよう設計されていて、任意のユーザー モード プロセスでクラッシュします。Web データ アクセスのコンポーネント、COM + と関連するマイクロソフト テクノロジ、Sharepoint、および .NET、ツールには分析の規則は、インターネット インフォメーション サービス (IIS) アプリケーションに重点を置いた組み込みが含まれます。COM オブジェクトの形式で拡張可能なオブジェクト モデルを提供し、組み込みのレポート フレームワークおよびコレクションのためのスクリプト ホストのエンジンと .NET の分析エンジンのホストを提供します。

ツールは、次の 2 つの主要なコンポーネントで構成されます。

モジュールのコレクション。
  • サービスのデバッグ: dbgsvc.exe
  • デバッガー ホスト: dbghost.exe
  • ユーザー ・ インタ フェース: Debugdiag.Collection.exe

分析モジュール:
  • 分析エンジン: dbglib.dll - DebugDiag.DotNet.dll
  • UI の分析: Debugdiag.Analysis.exe
  • ルール ビルダー: DebugDiag.RuleBuilder.exe

さらに、その分析の組み込みの規則が多数のDebugDiag 2.0の船といくつかの分析と豊富なヘルプ システムのサンプル (C# および XAML ワークフロー) の規則します。


使用法については、

コレクション: がダンプ メモリを生成します。

DebugDiagを使用して、最初に、問題の種類を特定する必要があります (例: クラッシュ、ハング、パフォーマンスの低下、またはメモリとハンドルの使用状況) のトラブルシューティングを行います。この手順では、適切なデータを取得するツールを適切に構成して、問題の根本的な原因を識別するためおよびそれを解決を支援します。

プロセスがクラッシュします。

プロセスのクラッシュは、プロセスまたは積極的にプロセスを終了するプロセスで実行されるコード内で発生した未処理の例外の強制されます。プロセスのクラッシュをデバッグするには、問題のプロセスに対するクラッシュ ルールを作成することによって開始します。以前のデバッガーと同様に、 DebugDiagは、特定のプロセスにアタッチされ、、1 つまたは複数の種類の例外または予期せず終了するプロセスが原因となるカスタムのブレークポイントのプロセスを監視します。クラッシュが発生した場合、完全メモリ ダンプ ファイルが作成するクラッシュ ルールを設定するときに指定されたディレクトリ。

プロセスがハングまたはパフォーマンスの低下

デバッグ プロセスのハング、または低速には、パフォーマンスは、次のいずれかを使用します。
  1. パフォーマンス ルールを作成します。パフォーマンス ルールは、パフォーマンス カウンターまたは HTTP の応答時間に基づいている可能性があります。この後者は、web サーバーまたは HTTP ベースの web サービスに固有です。パフォーマンス カウンター ルールを使用すると、1 つまたは複数のパフォーマンス カウンターが指定したしきい値を超えたときに、一連の連続する userdumps をキャプチャできます。HTTP レスポンス ・ タイムのルールを使用するか、または使用する ETW (IIS web サーバーに固有の) WinHTTP ('ping' 任意の種類の web サーバーまたは HTTP ベースの web サービス) に構成されているタイムアウトに達すると、userdumps をキャプチャするのにはできます。
  2. プロセス ビューでプロセス名を右クリックし、「ダンプ シリーズの作成」オプションを選択するには、中、低速手動のメモリ ダンプの系列またはハング状態を作成します。

CrashHangAnalysis.asp または PerfAnalysis.asp (下記参照) で生成される .dmp ファイルを分析します。

メモリまたはハンドルの使用状況

デバッグ メモリをハンドルの使用量は、次のいずれかの手順に従います。

  1. 対象のプロセスに対してリーク ルールを作成します。リークの監視機能は、プロセス内のメモリ割り当てを追跡します。追跡を実装するには、指定されたプロセスに DLL (leaktrack.dll) を挿入して、時間の経過と共にメモリの割り当てを監視します。メモリとハンドル リーク ルールを構成するときは、時間やメモリの使用状況に基づいてメモリ ダンプの生成を指定できます。
  2. [プロセス] ビューを使用すると、対象のプロセスを右クリックし、」リークを監視する」オプションを選択します。プロセスは、疑いのある問題のサイズに成長したと、同じプロセス ビューでプロセスを右クリックし、「フル Userdump を作成」オプションを選択するプロセスを手動でダンプします。

分析: メモリを分析するダンプします。

DebugDiagの最も強力な機能の 1 つは、メモリ ダンプを分析し、問題の解決の特定の推奨事項のほかに、分析を表示するレポート ファイルを生成する機能です。

Debugdiag 2.0 には、メモリ ダンプの分析を実行する新しい分析エンジンが導入されています。ASP スクリプトに依存する以前のバージョンとは異なり、メモリ ダンプのデータにアクセスするのには新しい 2.0 バージョン利用できる .NET を使用して今すぐアクセスするための新しいエンジンです。.NET を使用して分析の規則を開発するだけでなく新しい分析エンジンは、ワークフロー 4.0 を使用して分析の規則にも開発をサポートします。

DebugDiag 2.0は、以前のバージョンで、「スクリプトの分析」ではなく「ルールの分析」を使用します。これらの新しい規則は、以前の分析スクリプトから .NET に変換されました。DebugDiag2.0に組み込まれて 5 つの分析規則: これらはすべてに組み込まれているアセンブリの"DebugDiag.AnalysisRules.exe"

カテゴリルール名説明
クラッシュとハング アナライザーCrashHangAnalysisクラッシュとハングの分析 ASP .net、WCF、IIS などの特定のレポートの使用
メモリ圧迫のアナライザーDotNetMemoryAnalysisマネージ メモリの分析 (ベータ版)
メモリ圧迫のアナライザーMemoryAnalysisヒープ情報を報告し、Leaktrack を含むメモリの分析
パフォーマンス ・ アナライザーPerfAnalysis同じプロセスの複数の連続するダンプのパフォーマンスの分析
クラッシュとハング アナライザーSharePointAnalysisクラッシュとハングの分析、SharePoint の特定のレポートを作成


追加情報

2.0 の新機能

DebugDiag2.0では、豊富な新機能と Windows Vista、Windows 7、Windows 2008、2008R2 と Windows 8 の x86 と x64 のバージョンと完全な互換性が付属しています。X64 にDebugDiag2.0をインストールするシステムでは、インストールする必要が、x64 バージョンのツールです。このバージョンには、組み込み x86 x86 のデバッグと分析のプロセスをサポートします。 Debugdiag 2.0 には、分離し、独立系の 2 つのコンポーネントが含まれています: モジュールのコレクションおよび分析モジュールです。コレクション モジュールでは、基本モジュールし、分析モジュールの id は、セットアップの選択肢として提供されているときに既定でインストールします。  2.0リリースに追加された新しい機能の概要を次に示します。

分析します。
  • インプロセス解析のホスト
    古い分析ホストの dbghost.exe は、パフォーマンスを向上させるために dbglib.dll に変換します。
  • .NET 4.5 をサポート
  • .NET でカスタム分析規則
    古い分析エンジンはこれで .NET での分析ルールの開発では、.NET に変換します。
  • CLRMD の統合
    Debugdiag 開発者は CLR のデータに簡単にアクセス ルールのために、Microsoft.Diagnostics.Runtime が統合されています。
  • 新しい C# のサンプル ルール
    16 C #sample 分析の規則および 10 の XAML 解析規則と Visual Studio のソリューションおよびプロジェクトを取得するには、分析ルールの開発の高速で開始!
  • ワークフロー ルールの作成
    新しい実行可能ファイル (RuleBuilder.exe) ルールの開発を使用できるワークフロー 4.0 に組み込まれているのドラッグ アンド ドロップ DebugDiag 活動します。
  • 新しい分析規則
    PracticesChecker ルールは、内部のリリースに追加します。
  • 自動更新
    新しいバージョンが利用可能な更新プログラムの場所にリダイレクトされます。

コレクション。
  • 分析からコレクションを分離します。
    コレクションは、独立しており、個別のコンポーネントで、単独でインストールすることです。
  • 複数のメモリ ダンプの生成トリガー
    マネージ例外のメッセージを基にメモリ ダンプを生成します。
  • 最初の機会例外ログの詳細
    例外のレートに基づいて第 1 の例外ログを詳しく説明します。詳細と概要は、デタッチまたはターゲット プロセスの終了時および終了時にログの末尾に書き込まれますし、プロセスのライフ サイクル全体を通じて最小限の処理された例外情報が記録されます。

サポートされていないアイテム
  • x64 x86 上のユーザー ダンプ分析システム
  • X86 をインストールする x64 のDebugDiagシステム
  • DebugDiag 2.0と下位バージョンをインストールするシステムに
  • Windows 2003 と XP では、分析モジュールをインストールします。

このリリースに関するメモ:
DebugDiag 2.0をインストールする前に、以前のすべてのDebugDiagバージョンをアンインストールします。