ログオン スクリプトは、ユーザーが Windows 8.1 ベースのコンピューターにログオンした後、5 分間は実行されません。


現象


ユーザーが Windows 8.1 ベースのコンピューターにログオンした後、ログオン スクリプトは 5 分間は実行されません。この現象には、以下の現象が発生するが発生します。

  • ログオン スクリプトによって実行される操作は、ユーザーのログオン後 5 分間までは Windows 8.1 を搭載するコンピューター上に表示されません。
  • ログオン スクリプトで利用できるリソースは、ユーザーがログオンした後、約 5 分間までは Windows 8.1 を搭載するコンピューターのユーザーが利用できません。

原因


この現象は、Windows 8.1 には、新しいグループ ポリシーの設定] を構成するログオン スクリプトの遅延、"ログオン スクリプトの動作を制御するが含まれているために発生します。このスクリプトは、次の場所に格納されます。

コンピューターの構成 \ 管理用システム \ グループ ポリシー

「ログオン スクリプト遅延の構成」ポリシーの既定値の設定は、構成されていません。ただし、グループ ポリシーのクライアントの既定の動作では、ログオン スクリプトを実行する前に、5 分間待ちます。

5 分間の遅延時間の目標は、Windows 8.1 を搭載するコンピューター上にユーザーのデスクトップの読み込みをスピードアップするために、します。

解決策


遅延なくユーザーのログオン時に実行するログオン スクリプトを実行する場合に、無効に設定を構成する必要があります。

コンピューターの構成 \ 管理用システム \ グループ ポリシー: ログオン スクリプトの遅延を構成 = = > 無効になっています。

時刻を変更する場合は、グループ ポリシー クライアントは、ログオン スクリプトが実行されるまで待機することは、分単位で時間を設定することができます。

コンピューターの構成 \ 管理用システム \ グループ ポリシー: ログオン スクリプトの遅延を構成 = = > を有効に

次に、[オプション] セクションで、目的の値に1 分を設定します。入力できる最大値は、1,000 分です。

ポリシーが有効に設定して時間を分単位で設定すると、グループ ポリシー クライアントはユーザーのログオン時にログオン スクリプトが実行される前に、指定した時間待機します。として 0 (ゼロ) 分の時間を入力すると、設定が無効になり、グループ ポリシー クライアントが遅延なくユーザーのログオン時にログオン スクリプトを実行します。