Windows 8.1 で "PC のリフレッシュ" を実行すると、一部のファイルの関連付けが削除される

現象

Windows 8.1 で "PC のリフレッシュ" を実行すると、本作業の完了後、リフレッシュを実行したユーザー アカウントで、下記に列挙するファイルの関連付けの情報が削除されます。

- リフレッシュ作業後に関連付けが削除される拡張子の一例です。

.3g2
.3gp
.3gp2
.3gpp
.aac
.adt
.adts
.avi
.m4p
.m4v
.mov
.mp2
.mp3
.mp4
.mp4v
.mpa
.mpe
.mpeg
.mpg
.mts
.oxps
.ts
.tts
.wav
.wm
.wma
.wmv
.wpl
.xps

原因

"PC のリフレッシュ" を実行すると、ファイルの関連付けに関するレジストリ情報を含むユーザー情報がバックアップされます。
これらのファイルはリフレッシュ作業の最終段階でバックアップから復元されますが、レジストリ情報の一部が復元されず、本現象が発生します。

回避策

リフレッシュの実行後、これらの拡張子を持つファイルを開くとき、既定のアプリケーションとして設定しなおす必要があります。
プロパティ

文書番号:2897700 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

Windows 8.1, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro

フィードバック