printui.dll を用いたプリンタ設定の復元が、0x0000000c エラーにより失敗する

現象

以下のコンピューターを使用しています。
*Windows Vista
*Windows 7
*Windows 8
*Windows Server 2008
*Windows Server 2008 R2 (KB2443101 修正プログラムをインストール済)

このとき、プリンタの設定を復元するために、以下のコマンドを実行します。

rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /Sr /n <プリンタ名> /a <設定ファイル名> r p

このコマンドがエラー "0x00000000c"  で失敗することがあります。


原因

この現象は、設定の復元中、セキュリティ記述子を復元する際の特権が不足しているために発生いたします。

回避策

プリンタの設定を復元する際は、以下のように、セキュリティ記述子を除いてコマンドを実行してください。

 rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /Sr /n <プリンタ名> /a <設定ファイル名> 2 7 c d u g r p

これにより、既定のアクセス権が設定された状態でプリンタの設定が復元されます。
その後、必要なアクセス権をプリンタのプロパティにて手動で設定してください。 


状況

弊社では、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

PrintUI.DLL の使用法につきましては、以下の文書をご参照ください。

"Rundll32 printui.dll,PrintUIEntry" 
http://technet.microsoft.com/en-us/library/ee624057.aspx 
プロパティ

文書番号:2900738 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

Windows Vista Service Pack 2, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows 7 Service Pack 1, Windows 8, Windows 8.1

フィードバック