MS12-024(KB2653956) 、MS13-098(KB2893294) の更新プログラムを適用すると、ログオンできない場合がある

現象

Windows Vista または Windows Server 2008 に、以下の更新新プログラムを適用し、再起動後にログオンしようとするとエラーが表示されログオンできなくなる場合があります。
  • MS12-024 (KB2653956)
  • MS13-098 (KB2893294)

表示されるエラー メッセージ は以下のようになります。

ユーザ名またはパスワードが正しくありません

原因

この現象は、以下のレジストリ キーが存在しない、または一部のデータが破損した状態で KB2653956 の更新プログラムを適用した場合に発生します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SCHEMA\wcm://Microsoft-Windows-CoreOS?...


注: ... の部分には任意の文字列が入ります。また、HKEY_LOCAL_MACHINE\SCHEMA が存在しない場合は %SystemRoot%\system32\SMI\Store\Machine\SCHEMA.DAT ファイルをロードして確認します。

上記レジストリ キーが存在しない状態で KB2653956 の更新プログラムを適用すると、以下のレジストリの値が MINWINPC に変更され、ログオンができなくなります。
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\ComputerName\ActiveComputerName
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\ComputerName\ComputerName

解決方法

この現象が発生した場合には、セーフ モードで起動し、上記に記載している ActiveComputerName および ComputerName レジストリの値を正しいコンピューター名に変更し、再起動します。

回避策

この現象が発生することを防ぐには、以下の KB からシステム更新準備ツールをダウンロードして実行します。

http://support.microsoft.com/kb/947821

システム更新準備ツールを実行することで、 現象セクションに記載されているレジストリが修復されます。
修復が行われた場合、%WinDir%\Logs\CBS\CheckSUR.log ファイルに以下のように Recreated missing key で始まるログが記録されます。

Recreated missing key: wcm://Microsoft-Windows-CoreOS?...\metadata\elements\ComputerName

また 、Microsoft-Windows-CoreOS のエントリ破損有無にかかわらず、このツールでは ComputerName キーの値を設定します。このため、CheckSUR.log に以下のログが記録されます。

Recreated value: @_type.
Recreated value: @dataOnly.
Recreated value: @default.
Recreated value: @description.
Recreated value: @displayName.
Recreated value: @handler.
Recreated value: @legacyName.
Recreated value: @legacyType.
Recreated value: @migrate.
Recreated value: @scope.
Recreated value: @xsd:type. 
プロパティ

文書番号:2901584 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック