10 月の 2014 年まで Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の更新プログラムのサービスを提供

この資料では、Windows 8.1、Windows RT 8.1、および Windows Server 2012 R2 のサービス スタック更新プログラムについて説明します。

この更新プログラムよりもより包括的な問題を修正する追加の機能強化が含まれている更新プログラム3021910をインストールすることをお勧めします。 注意してください。

サービス スタックについて

サービス スタックには、ファイルおよび Windows イメージをサービスするために必要なリソースが含まれています。これには、パッケージ マネージャー実行可能ファイル、必要なサービス ライブラリ、およびその他のリソースがあります。サービス スタックは、すべての Windows インストールに含まれています。

この更新プログラムで修正される問題

問題 1
次のような状況を考えます。
  • Windows 機能を有効にするとします。
  • 機能の更新プログラムをインストールするとします。
  • Windows のメンテナンスを使用して自動的に最適化を実行するか、 dism/startcomponentcleanupコマンドを使用して手動で最適化を実行するのには、Windows を最適化します。
  • 機能を無効にするとします。
  • 機能の後で更新プログラムをインストールしようとするとします。
このシナリオでは、インストールが失敗するとが試行のエラー メッセージが表示されます。
問題 2
サードパーティ製のドライバーを使用するデバイスの Windows Update からドライバーの更新プログラムをインストールした後、デバイスのいくつかのファイルのみが更新されます。
問題 3
Windows を最適化するために、 dism/startcomponentcleanupコマンドを使用している間に、予期しない停電が発生することを想定しています。電源をコンピューターに復元した後、いくつかのファイルが無効になります。
問題 4
コンピューターを再起動する必要があります、サービス スタック更新プログラムをインストールすることを想定しています。コンピューターを再起動する前に Windows の更新履歴にサービス スタック更新プログラムの複数のインストールの試行が報告されることを確認します。

解決策

更新プログラムの情報

この更新プログラムの入手方法

Windows Update
この更新プログラムは Windows Update から入手できます。
Microsoft ダウンロード センター
次のファイルは Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
オペレーティング システム更新プログラム
サポートされているすべての x 86 ベース バージョンの Windows 8.1Download パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 8.1Download パッケージを今すぐダウンロードします。
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows Server 2012 R2Download パッケージを今すぐダウンロードします。
Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、必要があります、Windows RT 8.1 または Windows 8.1 を実行します。

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するために、レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後にコンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムには、以前にリリースされた更新プログラム2989647が置き換えられます。

アンインストール情報

このサービス更新プログラムをインストールした後をアンインストールすると、スタックの更新プログラムのサービスの以前のバージョンに戻すことはできません。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ローカル コンピューターにおけるこれらのファイルの日付と時刻は、現在の夏時間を使用したローカル時刻で表示されます。ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

注: %Windir%\System32\フォルダーではなく%windir%\WinSxS\フォルダーに更新プログラム パッケージ内のファイルを追加する場合があります。
Windows 8.1、8.1 の RT の Windows および Windows Server 2012 R2
追加ファイル情報
プロパティ

文書番号:2904440 - 最終更新日: 2017/02/01 - リビジョン: 1

Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1, Windows RT 8.1, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation

フィードバック