Office 2013 のクイック実行バージョンの更新方法について

適用対象: Office Professional Plus 2013Office Professional 2013Office Home and Business 2013

概要


Office 2013 のクイック実行バージョンでは、Microsoft Update (以下、MU) や Windows Server Update Services (以下、WSUS) による個別の更新プログラムの適用は行えず、Microsoft クイック実行ソース (コンテンツ配信ネットワーク (CDN)) から更新プログラムを取得します。既定で自動更新が有効であり、クイック実行バージョンでは最初から最新状態となります。そのため、製品をインストールした直後に、更新プログラムや Service Pack をダウンロードして適用する必要はありません。

詳細


Office 2013 では、インストール方式の異なる次の 2 つのバージョンが用意されています。
  • Windows インストーラー ベース (MSI)
  • クイック実行 
クイック実行は Microsoft のストリーミングおよび仮想化のテクノロジであり、Microsoft Application Virtualization (App-V) のテクノロジに基づいて実装されています。
また、Microsoft クイック実行ソース (CDN) から更新プログラムを取得するように実装されており、ユーザーは更新プログラムのダウンロードやインストールを行う必要はありません。更新プログラムはバックグラウンドでシームレスに適用されます。そのため、クイック実行では MU や WSUS などの標準的な更新プロセスを使用して更新プログラムを適用することはできません。MU や WSUS などの標準的な更新プロセスを使用して更新プログラムを適用、管理することができるのは、Windows インストーラー ベース (MSI) バージョンが対象です。

Office 2013 のインストール方式の違いによる展開方法の差異や制限事項については、「Office 2013 の展開方法」を参照してください。
クイック実行については、「クイック実行の概要」を参照してください。

解決方法


Office 2013 ではクイック実行用に新しいカスタマイズ ツールを用意しています。
管理者は、クイック実行用 Office 展開ツールを使用することで、製品の更新方法を管理、制御することができます。
適用する更新プログラムの管理を行いたい場合は、以下の資料を参照してください。

クイック実行のカスタマイズの概要
クイック実行用 Office 展開ツール
Office 365 クイック実行製品をカスタマイズする方法
Office 365 クイック実行のカスタマイズ方法

また、クイック実行用 Office 展開ツールで使用可能な製品一覧 (Product ID) については、以下の資料を参照してください。

Product IDs that are supported by the Office Deployment Tool for Click-to-Run (2842297)