Visual Basic for Applications で範囲を選択する方法 (初心者向けのサンプル)


概要


Microsoft Excel では、手動による操作で、あるいは簡単な Microsoft Visual Basic for Applications コードを使用して特定の範囲に存在するセルを選択することができます。 この資料では、特定の範囲にあるセルを選択するための方法が説明されています。

詳細情報


手動でセルを選択する方法の例

1 つの列内のデータをすべて手動で選択するには、最初のセルを選択し、Ctrl + Shift + ↓ キーを押します。

同様に、1 つの行とその行にアタッチされているすべての列を手動で選択するには、Ctrl + Shift + ↓ + → キーを押します。 ただし、この場合すべてのデータが連続している (間に空白の行や列が存在しない) 必要があります。 また、次の操作によって (連続した、間に空白の行や列が存在しない) データの現在の領域を選択することができます。
  1. [編集] メニューの [ジャンプ] をクリックします。
  2. [ジャンプ ] ダイアログ ボックスで、[セル選択] をクリックします。
  3. [選択オプション] ダイアログ ボックスで [アクティブ セル領域] をクリックします。
    [OK] をクリックします。
また、簡単な Visual Basic for Applications のコードを使用してこの範囲を選択することもできます。

注: マクロの記録を使用してこの手順を記録した場合、同じ結果にはなりません。

Visual Basic コードを使用してセル範囲を選択する方法の例

マイクロソフトはプログラミング言語を使用方法の一例としてのみ提供しており、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。 これには、市場性および特定の目的への適合性に対する黙示的な保証が含まれます。 この資料は、例示されているプログラミング言語やプロシージャの作成およびデバッグに使用するツールについて理解されているユーザーを対象としています。 マイクロソフト サポート窓口では、特定のプロシージャの機能説明に関するご質問に対して支援いたしますが、本例を特定の目的を満たすために機能を追加したり、プロシージャを構築することは行いません。 次の Visual Basic サンプル コードでは、さまざまな方法でセル範囲を選択しています。

特定の開始セルから (この例では C1)、データを含んでいるが位置は不明な最後のセル (セルは同じ列にあります) まで連続して選択する場合には、次のコードを使用します。
   Sub SelectRangeDown()
Range("c1", Range("c1").End(xlDown)).Select
End Sub
注: SelectRangeDown マクロを使用する際には、データが連続している必要があります。 選択した列に空のセルが存在すると、選択されないセルが出現する場合があります。

データがセル C1 で開始していて列が不連続の場合、Microsoft Office Excel 2003 およびそれ以前のバージョンの Excel で、次のマクロを使用します。
   Sub SelectRangeDown_Discontiguous()
Range("c1", Range("c65536").End(xlUp)).Select
End Sub
Microsoft Office Excel 2007 では 1,048,576 行がサポートされているため、Excel 2007 では次のマクロを使用します。
 Sub SelectRangeDown_Discontiguous()
Range("c1", Range("c1048576").End(xlUp)).Select
End Sub
アクティブなセルからすべての列を右方向に選択する場合 (すべての行と列に連続してデータが入っている必要があります)、次のコードを使用します。
   Sub myrangearea()
Range(ActiveCell, ActiveCell.End(xlDown).End(xlToRight)).Select
End Sub
特定の開始セルから (この例では D1) 列を右方向に選択する場合、次のコードを使用します。
   Sub RangeFromStart()
Range("d1", Range("d1").End(xlDown).End(xlToRight)).Select
End Sub
選択中のセル範囲のすべてのデータを選択する場合は、次のコードを使用します。
   Sub CurrentArea()
Selection.CurrentRegion.Select
End Sub
この資料の例では、ブックのアクティブなワークシートでさまざまなパターンのセル範囲を指定する方法について説明しています。

Visual Basic for Applications でセル範囲を選択する方法の関連情報 (および、より高度な例) を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
291308 Excel で Visual Basic プロシージャを使用して、セルおよびセル範囲を選択する方法