[ディスクの追加] 処理が正常に終了できず、すべてのディスクが使用可能記憶域に追加される

現象

Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2のクラスター環境において、使用可記憶域へのディスク追加時に [クラスターへのディスクの追加] ウィンドウで [×] ボタンを押しても、追加処理はキャンセルとならず、選択していないディスクを含め、すべてのディスクが使用可能記憶域に追加されます。


以下のシナリオで上記の現象が発生します。

-      発生のシナリオ

1) フェールオーバー クラスタ管理 (Windows Server 2008)、またはフェールオーバークラスター マネージャー (Windows Server 2008 R2) を起動します。
2)     左ペインより [記憶域] を右クリックし、[ディスクの追加] をクリックします。
3)     [クラスターへのディスクの追加] 画面より、右上の [×] ボタンをクリックします。
4)     [ディスクの追加] 画面が表示され、使用可能記憶域にディスクを追加しているメッセージが表示されます。
5)     [記憶域] の [使用可能記憶域] にディスクが追加されます。

原因

フェールオーバー クラスタ管理 (Windows Server 2008)、およびフェールオーバー クラスター マネージャー (Windows Server 2008 R2) のスナップインが正しく動作しない事より、[×] ボタンよりディスク追加処理のキャンセルをしても、すべてのディスクが追加されます。

回避策

・追加されたディスクを削除する方法について

意図せず、すべてのディスクが使用可能記憶域に追加された場合は、以下の手順より使用可能記憶域から対象のディスクを削除してください。


-      使用可能記憶域からディスクを削除する方法

1)     フェールオーバー クラスタ管理 (Windows Server 2008)、またはフェールオーバークラスター マネージャー (Windows Server 2008 R2) を起動します。
2)     左ペインより [記憶域] をクリックします。
3)     中央ペインより削除するディスクを右クリックし、[削除] をクリックします。
4)     [質問]  (Windows Server 2008) または [動作の確認]  (Windows Server 2008 R2) 画面より、[はい] ボタンをクリックし、ディスクを削除します。


・記憶域の追加処理を終了する方法

本現象は [クラスターへのディスクの追加] 画面より、右上の [×] ボタンをクリックし、ディスクの追加処理を終了した際に発生します。[クラスターへのディスクの追加] 画面より、ディスクの追加処理を終了する場合には、[キャンセル] ボタンをクリックすることで、ディスクが追加される事がなく、追加処理を終了できます。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:2913891 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック