ActiveSync メールボックス ポリシーの MaxEmailBodyTruncationSize 及び MaxEmailHTMLBodyTruncationSize について

現象

Exchange Server 2010 において、ActiveSync メールボックスポリシーの MaxEmailBodyTruncationSize または MaxEmailHTMLBodyTruncationSize を設定することでモバイル デバイスと同期する際の電子メールの本文サイズを制限できます。既定値は unlimited です。

これらの値を変更および確認するには、Exchange 管理シェルまたは Exchange 管理コンソールを使用します。


Exchange 管理シェルでの手順

・値の変更方法
Exchange 管理シェルを起動し、以下のコマンドを実行します。値は Bytes です。

Set-ActiveSyncMailboxPolicy <ポリシー名> -MaxEmailBodyTruncationSize <サイズ> -MaxEmailHTMLBodyTruncationSize <サイズ>

実行例) 4 KB に制限する場合
Set-ActiveSyncMailboxPolicy TestASP -MaxEmailBodyTruncationSize 4096 -MaxEmailHTMLBodyTruncationSize 4096

なお、KB (kilobytes), MB (megabytes) などの省略形でも設定可能です。
Set-ActiveSyncMailboxPolicy TestASP -MaxEmailBodyTruncationSize 4KB -MaxEmailHTMLBodyTruncationSize 4KB

値の確認方法
現在の値を確認するには、Exchange 管理シェルを起動し、以下のコマンドを実行します。

Get-ActiveSyncMailboxPolicy <ポリシー名> | FL Identity, MaxEmailBodyTruncationSize, MaxEmailHTMLBodyTruncationSize
 
実行例)
Get-ActiveSyncMailboxPolicy TestASP | FL Identity, MaxEmailBodyTruncationSize, MaxEmailHTMLBodyTruncationSize

-------------------sample-------------------
Identity                       : TestASP
MaxEmailBodyTruncationSize     : 4096
MaxEmailHTMLBodyTruncationSize : 4096
-----------------------------------------------


Exchange 管理コンソールでの手順

1.    Exchange 管理コンソールを開きます。
2.    [Microsoft Exchange On-Premises]-[組織の構成]-[クライアント アクセス] を展開し、[Exchange ActiveSync メールボックス ポリシー] タブを選択します。
3.    対象のポリシーを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
4.    [同期の設定] タブを選択します。
5.    [電子メール サイズの上限(KB)] の値を確認、変更します。 

注意点 1) 設定値は 4096 と確認できますが、 4096 KB ではなく、 4096 Bytes (4 KB) となります。
注意点 2) MaxEmailHTMLBodyTruncationSize は Exchange 管理コンソールからでは変更および確認ができません。Exchange 管理シェルを使用する必要がございます。


プロパティ

文書番号:2915909 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック