スクリーン キーボードの起動に時間がかかる場合がある

適用対象: Windows 7 Home BasicWindows 7 Home PremiumWindows 7 Professional

現象


Windows 7 のコンピューターで日本語レイアウト (106/109) のキーボードを使用し、既定の言語が [日本語 (日本) - Microsoft IME] に設定された環境でスクリーン キーボード (osk.exe) を起動すると、スクリーン キーボードが起動するまでに数秒程度かかることがあります。

原因


この現象は、スクリーン キーボードの起動時に、日本語レイアウトのキーボードに固有のキーの状態を確認する際の待ち時間が原因で発生します。

回避策


既定の言語を日本語以外の言語に設定します。
例えば、[英語 (米国) - US] に設定します。

  設定手順 :
    1. [コントロール パネル] を開き [時計、言語、および地域] の [キーボードまたは入力方法の変更] をクリックします。
    2. [キーボードおよび他の入力方法] の [キーボードの変更] をクリックします。
    3. [インストールされているサービス] の [追加] をクリックします。
    4. [英語 (米国)] - [キーボード] - [US] のチェック ボックスをオンにし [OK] をクリックします。
    5. [既定の言語] で [英語 (米国) - US] を選択し [OK] をクリックします。

※既定の言語を英語に変更した場合、スクリーン キーボードのレイアウトが英語キーボードのレイアウトになります。
  日本語キーボードのレイアウトに切り替えるには、言語バーの [EN] をクリックし [JP] を選択します。

状況


この現象は、英語レイアウト (101/102) のキーボードを使用している環境や、既定の言語が英語に設定されている場合には発生しません。
これは、Windows 7 のスクリーン キーボードの動作上の制限事項になります。