エラー メッセージ : STOP 0x000000C5 DRIVER_CORRUPTED_EXPOOL

現象

ブルー スクリーンに以下の STOP エラー メッセージが表示されることがあります。

STOP 0x000000C5 (parameter 1, parameter 2, parameter 3, parameter 4) DRIVER_CORRUPTED_EXPOOL
parameter 1 には参照されるメモリ、parameter 2 には内部要求レベル (IRQL)、parameter 3 には 0 (読み取り操作) または 1 (書き込み操作) の値、parameter 4 にはメモリを参照したアドレスが表示されます。

原因

この問題は、プロセスの IRQL が高すぎる状態で無効なメモリにアクセスを試みると発生する可能性があります。ほとんどの場合、システム プールを破壊したドライバが原因でこの問題が発生します。

解決方法

この問題を解決するには、新しい (または問題があると思われる) ドライバすべてに対して Driver Verifier ツールを実行します。問題が見つからない場合は、gflags を使用して、Special Pool 機能を有効にします。

Driver Verifier ツールの使用方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

244617
Driver Verifier を使用して Windows ドライバをトラブルシューティングする方法
Special Pool 機能を使用してプールの破損部分を切り分ける方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

188831
Special Poolを有効にしてプールの損傷を分離する

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 291810 (最終更新日 2003-12-19) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:291810 - 最終更新日: 2005/09/20 - リビジョン: 1

フィードバック