Windows 8.1 にアップデートすると、C:\windows\temp 下にフォルダが作成されたままになる

現象

Windows 8.1 にアップデートすると、c:\Windows\temp\<GUID> フォルダが作成されたままになることがあります。

このフォルダは、アップデートに伴い、Windows 回復環境 (Windows RE) イメージを一時的にマウントするためのフォルダです。通常、アップデートが完了するとこのイメージはアンマウントされ、削除されます。

原因

Windows 8.1 へのアップデートを実行すると、Windows RE のイメージ、およびそのパーティションを Windows 8.1 用に準備します。
このイメージは既定の Windows RE イメージを基に作成されますが、必要に応じてマイクロソフト社製以外の Windows 8 に含まれていた各種ドライバー (ディスプレイ、キーボード、マウス、タッチパッドなど) を追加します。

各種ドライバーを追加するとき、Windows RE イメージ用に確保したパーティションよりも大きくなる場合、アンマウントが正常に終了しません。これにより、c:\Windows\temp\<GUID> が残り、この問題が発生します。

この問題が発生すると、各種ドライバーが正常に追加されないため、Refresh や Reset 時に一部デバイスが使用できない可能性があります。


回避策

Windows 8.1 アップデート中に作成された c:\Windows\temp\<GUID> フォルダをアンマウントするには管理者権限のコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行してください。

> Dism /unmount-wim  /MountDir:c:\Windows\temp\ /Discard

なお、このコマンドにより、Windows 8.1 アップデート中に、Windows RE イメージに追加しようとしていたドライバー ファイル等の追加が破棄されます。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号:2921947 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック