Gamil からの受信メールが Outlook で ? に文字化けすることがある

適用対象: Outlook 2013

現象


Gmail から本文が空白で、件名や添付ファイル名などに日本語を含むメールを、既定の設定である "送信メールにデフォルトのテキスト エンコードを使用する" のまま送信すると、本文が空白のため、エンコードとして西ヨーロッパ言語が使用されることがあります。

この場合、この受信メールを Outlook 2013 から IMAP 接続でダウンロードし、さらにドラッグアンドドロップで別フォルダに移動すると、サーバー側でアイテムの更新が行われたタイミングで日本語が本文のエンコードで変換されてしまい ? に文字化けすることがあります。

回避策


Gmail 側の設定変更で本現象の回避することができます。

1. 送信側であるユーザーアカウントで Gmail にログインします。
2. [設定] をクリックします。
3. [全般] 内の 送信メールのエンコード : から "送信メールに Unicode(UTF-8) エンコードを使用する" を選択し、[変更を保存] をクリックします。

状況


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細


以下の手順で、本現象は再現します。

1. Gmail から既定の設定である"送信メールにデフォルトのテキスト エンコードを使用する" のまま、本文が空白、件名や添付ファイル名が日本語のメールを送信します。
2. この受信メールを Outlook 2013 から IMAP 接続でダウンロードします。このとき、文字化けは発生していません。
3. さらにこのメールをドラッグアンドドロップで別フォルダに移動すると、移動直後は文字化けしていなかったとしても、サーバー側でアイテムの更新が行われたタイミングで日本語が本文のエンコードである西ヨーロッパ言語で変換されてしまい ? に文字化けすることがあります。