IE11 の環境で DPI が既定値から変更されていると HTML アプリケーション (.hta) が縮小表示される

現象

Internet Explorer 11 の環境で、DPI 値 を既定の 100% から変更していると、HTML アプリケーション (.hta) が縮小表示される場合があります。

HTML アプリケーションが frame 構造で、frame 内のコンテンツより window.open を使用して同一 frame 内にコンテンツを表示する場合、縮小表示される現象が発生します。 

原因

DPI 値が既定の 100% 以外の場合、レンダリング計算に問題があるため発生します。

回避策

以下のいずれかの方法で回避することができます。

1. <a> タグを利用する
window.open メソッドではなく <a> タグを利用することで回避できます。

2. window.location.href プロパティに遷移先の URL を設定する
window.open メソッドの代わりに、window.location.href プロパティに遷移先の URL を設定することで回避できます。

補足: 表示中のコンテンツの更新が目的である場合、 window.location.reload メソッドを利用することができます。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

この問題は、DPI 値を既定値から変更した環境にて、以下のような frame 構成の HTML アプリケーションを表示する場合に発生します。
このサンプルでは、ボタンをクリックするたびに window.open メソッドにて "_self" を指定し再度同一コンテンツを表示します。

sample.hta
<html>
<frameset>
<frame src="test.html"/>
</frameset>
</html>

test.html
<html>
<body>
<div>TEST</div>
<button onclick="window.open('test.html', '_self');">Update</button>
</body>
</html>
プロパティ

文書番号:2923604 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック