SNMP サービスにて、イベント ID 1501 が記録される

現象

大量の SNMP クエリーが発生している状況で、システム イベント ログにイベント ID 1501 が記録されることがあります。
このイベントが記録された場合、SNMP クエリーを処理する際に使用しているウィンドウズ ソケットがクローズされ、以降の SNMP クエリーは破棄されます。
ログの名前:       System
ソース:           SNMP
イベント ID:      1501
レベル:           エラー
説明:
受信トランスポートを設定しているときに、SNMP サービスはエラーを検出しました。IPX トランスポートはドロップ アウトされました。
イベント XML:
      :
  <EventData>
    <Data>IPX</Data>
    <Binary>3D270000</Binary>
  </EventData>


原因

SNMP クエリーは非同期に処理されています。SNMP クエリーが大量に処理されている状況下において、非同期で扱うデータ領域が、非常に稀なタイミングで書き換わってしまうことがあります。その結果、ウィンドウズ ソケット関数の中でエラーを発生し、該当するウィンドウズ ソケットをクローズします。この時、SNMP サービスは、イベント ID 1501 を記録します。

回避策

Windows Vista SP1 と Windows Server 2008 用に、サポート技術情報 967800 が公開されていますが、これを適用しても、当現象の発生を完全に回避できないことを確認しています。

SNMP トランスポートを無効にし、Windows Vista SP1 または Windows Server 2008 を実行しているコンピューター上に SNMP クエリの多くが発生すると、SNMP イベント ID 1501 が記録されます。(967800)

イベント ID 1501 が記録された場合、SNMP クエリーを処理する際に使用しているウィンドウズ ソケットがクローズされ、以降の SNMP クエリーは破棄されます。
クローズされたウィンドウズ ソケットを再び利用可能にするには、SNMP サービスを再起動してください。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

SNMP サービスを停止する時に、アプリケーション イベントログにイベント ID 1000 アプリケーションエラーが記録されることがあります。このエラーが発生しても、SNMP サービスの起動に影響はありません。
SNMP サービスの停止時にアプリケーションエラーが発生することがある (2888146)
プロパティ

文書番号:2923637 - 最終更新日: 2016/10/31 - リビジョン: 1

フィードバック